福岡の漢方薬局

福岡の漢方古典4

伝統漢方は4000年の臨床にて確立された経験医学です。太陽堂漢薬局では、今まで様々な難病・疾患に取り組んでまいりました。

漢方薬原料は天然品にこだわり、身体に優しい自然薬を基本に患者さんにご提案します。伝統医学古方派の効き目を御体感下さい。

漢方 治療体験談 多くの患者さまの声

諦めずに、希望を持って、一緒に考えましょう。

漢方治療を少しでも御理解して頂きたく、太陽堂漢薬局での実際の症例・漢方薬で改善された患者さまの声を毎月御紹介致します。治療中の患者さまにとって、少しでも御参考・励みになれば幸いです。

漢方症例報告かけ橋

太陽堂漢薬局が、東洋医学関係の学会・研究会に発表報告した漢方論文です。

漢方学会 発表論文

太陽堂漢薬局文章2

漢方相談で40年の実績。漢方の太陽堂漢薬局

漢方相談3

古典に基づく伝統的な東洋医学の治療方を行っています。高品質の原料生薬に更に様々な修治(下拵え)を行い、漢方を製造しています。詳しくは「漢方薬の6通りの下ごしらえ」をご覧ください。

太陽堂漢薬局の自慢は、漢方薬の天然原材料へのこだわりと、医療気功「糸練功」です。

糸練功については「医療気功 糸練功-5つの技術を知る」をご覧ください。

漢方治療の特徴

漢方イメージ1

東洋医学は、症状を抑えるだけではありません。漢方薬には体質改善力があります。詳しくは「漢方医学で体質改善?」をご覧ください。

  • 漢方治療は、対処療法とは異なり、原因療法(根本治療法)になります。
  • 漢方治療は、標治方(お病気の表面的原因)と本治方(大本の体質的原因)に対する治療法があります。理想は標治部と本治部を同時に改善する「標本治療法」です。
  • 漢方の診察方は、師匠からお教えいただく技です。病因(気毒・血毒・水毒)、燥湿、虚実、三陰三陽、寒熱、収散、升降等を判断します。詳しくは「病の性質と虚実の3つの漢方診断」をご覧ください。
  • 風邪や皮膚病等は、望診だけでも鑑別できる場合が少なくありません。望診・四診に関しては「漢方医学の4種の診察方法」をご覧ください。

漢方薬の原料生薬

  • 薬草である漢方薬は、自然食材と同じです。生産地や種で味も香りも色も異なります。
  • 当たり前のことですが効果も異なります。伝統漢方では、原料である生薬の見立てから始めます。
  • 漢方生薬は、目で色(五色)を、鼻で香り(五気)を、舌で味(五味)を鑑別します。代々師匠から弟子へ受け継がれた技で選別します。

漢方は、私達専門家へお気軽にご相談ください。

太陽堂漢薬局がお届けします

漢方相談2

東洋医学・漢方は非常に多くの疾患に対応しています。西洋医学の得意な分野、東洋医学・漢方の得意な分野。一長一短があります。

ここでは漢方医学の適応となる、或いは太陽堂漢薬局が得意とする病状を、病気の原因・症状、治療法まで幅広くご紹介します。お病気で悩まれる方々の希望になれれば幸いです。

当ホームページでは、病気の解説・治療法・治癒例・体験談・当薬局発表の学会論文・漢方相談の多い疾患と関連記事等、多くの情報を掲載しています。

最新情報

自律神経失調症-本当に安心しました

健康130

【女性38歳No.3334】自律神経失調症-咳はだいぶ良くなりました。ほとんど出ません!本当に安心しました。ありがとうございます!!【太陽堂漢薬局から患者さんへ】こんにちは。咳の状態が落ち着かってれて良かったです。安心致しました。咳の漢方薬は同じ分量のまま合数が10合の±までお続け下さいね。また、適量診で安心出来る所まで改善が進みましたらまたお伝えさせて頂きますね

三叉神経痛-3週間経って何ともなくなってきました

病272

【女性53歳No.7150】三叉神経痛-1週間経った時に痛みが痒みになって、2週間経った時に更に良くなって、3週間経って何ともなくなってきました。今は痛みがウソのようにまったく無いです。【太陽堂漢薬局から患者さんへ】飛躍的に改善されています。今はまだ改善途中の段階です。疲れたりお身体が冷えると違和感を感じるかもしれませんが、酷くならずに治まると思います。ご安心下さいね。

食物アレルギー(皮膚病)-気になる症状はありません

風景017

【男性8歳No.7077】食べ物アレルギーを抑える粉剤をお願いします。【太陽堂漢薬局から患者さんへ】食べ物アレルギーを抑える粉剤をお飲み頂いていると、これからの杉やヒノキの花粉の影響は受け難いと思います。花粉アレルギーの状態が落ち着かれている時もシーズン中はナス科の食べ物を控えるご養生はお続け下さいね。

どこに行っても治らなかったお病気・身体の不調

漢方イメージ15

1人1人お顔が異なるように体質は異なります。その場しのぎでない根本治療。

漢方だからできる事があります。漢方の力を信じて。

 

相談窓口をご覧ください。