発達障害、自閉症

発達障害には、自閉症・アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害、チック症などがあり、大きく3つに分類されます。
またこれらが複数混合している場合もあります。

発達障害とは

病態ごとの調査によっては、現在の報告数よりもっと多いと言うデータも有ります。
原因は、様々な事が考えられますが、よく解っていないのが現状です。また最近では、小麦のグルテンアレルギーとの関係も発表されています。

1.自閉症スペクトラム障害(ASD);広汎性発達障害(PDD)、アスペルガー症候群

自閉症・アスペルガー症候群は、100人に1~2人存在する発達障害と言われています。男性が圧倒的に多いです。

  • 対人関係の障害。人の目を見るのが苦手、他の子供へ関心がない。
  • コミュニケーションの障害。他の子供と遊ばず、一人遊びが多い。
  • こだわりの強い興味や行動。自分の興味のある事しか話さず、他人との会話が続かない、好きな事は何時間でも集中できる、最初にした決めごとの変更が苦手な発達障害。

2.注意欠如・多動性障害(ADHD)

発達障害の中で、子供には比較的多く見られます。20人前後に1人存在すると考えられ男性に多いです。

  • 年齢に合わない多動性、衝動性。手足をモジモジする、ジッとしていられない、しゃべりすぎる、他人の遊びやゲームに割り込む。
  • 年齢に合わない不注意、注意欠如。うっかりミスが多い、話しかけても聞いていない風に見える。忘れ物、紛失が多い、生理整頓が苦手な発達障害。

3.学習障害(LD)

「読む」、「書く」、「計算」など特定のことが不得意な発達障害です。非常に多くの子供に存在する可能性があります。

発達障害へ、漢方でのアプローチ

漢方では、昔から子供のチック障害には「抑肝散」と決められているほど有名な漢方薬があります。抑肝散は、神経のイライラや興奮などに多様される漢方薬です。

この抑肝散は、最近の学会で認知症の改善に有効との事で一躍有名にもなりました。
抑肝散は、脳内の海馬における亜鉛欠乏時のグルタミン酸放出の抑制、セロトニン神経系への作用等が報告されています。認知症やチック障害等の脳の機能が、何故に改善するか作用機序は、まだ完全には解明されていません。

漢方太陽堂では、抑肝散加味方や「肝経の瀉法」他の漢方薬を応用し、自閉症等の発達障害の子供さんの日常生活の症状を改善してきています。

有名人や芸能人にも多い発達障害、自閉症。日常生活を改善し、お子様の成長のお手伝いができればと考えています。

発達障害と漢方

東洋医学では、発達障害・自閉症を西洋医学的分類では用いません。
独特の概念「五志の憂」と捉え治療していきます。一人一人の子供さんの性格や行動、考え方に該当する「憂」を探し、糸練功にて確認し漢方治療をしていきます。

伝統医学では独特の病理概念があります。「七情の内傷なければ六淫の外邪犯さず」と言います。この七情は「怒り、喜び、思う、憂い、悲しむ、恐れ、驚く」の七つです。
五志とは「怒り、笑い、思い、慮(おもんばかる、おもいやり)、驚く」の五つです。
漢方では、発達障害・自閉症の子供さん達を「五つの志」に分け、対応する方剤で体質改善を図っていきます。
例を挙げますと
・起りやすい・短気な子供さんは「怒り」の五志。
・周りに気を使いすぎる子供さんは「慮」の五志。
・多動性やしゃべりすぎる、落ち着きのない子供さんは「笑い」の五志。笑いを抑えきれない、コントロール出来ないの意味で「笑い」と成っています。
等です。そのため一人一人の子供さんで治療法が異なる可能性があります。

また強烈なトラウマによる「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」は、発達障害・自閉症ではありませんが、漢方医学では同様に「五志の憂」として治療を進めていきます。

食事の影響

ノルウェーのオスロー大学の研究です。
発達障害・自閉症の子供さん達には、消化酵素の不足により小麦の「グルテン」と牛乳成分のリンタンパク質の一種「カゼイン」の不消化により、尿中ペプチドが増えている事が発見されています。
さらに食事のコントロールを行う事により尿中ペプチドが減少することで、症状が改善することも発表されています。

他大学での研究

アメリカのフロリダ大学や、イギリスのサンダーランド大学での研究でも、グルテンとカゼインが発達障害・自閉症の子供達へ、同様の影響を与える事が報告されています。
(現時点では、まだ確立された理論ではありませんが、今後の研究が期待されます。)

漢方太陽堂にて糸練功での確認

漢方太陽堂で漢方治療されている発達障害・自閉症の子供さん達にグルテンアレルギーの患者さんが多いです。
糸練功で調べると、確かに小麦、牛乳にて「五志の憂」の反応が悪化することが分かっています。漢方太陽堂での糸練功の結果は、上記の各大学の研究データと符合しています。

遅延型アレルギー

小麦の「グルテン」や牛乳の「カゼイン」は、一般的な即時型アレルギーではなく、遅延型アレルギーだと言われ、3ヶ月~数ヶ月先に症状が出ると言われています。
人口の0.5~13%の人が該当すると言われています。

この遅延型アレルギーで引き起こされる症状は
1.精神神経症では、注意欠如、うつ症状、不安感、記憶力低下・・・
2.皮膚症状では、肌のカサツキ、皮膚の何らかのトラブル・・・
3.胃腸症状では、胃痛、吐き気、腹部痙攣、便の異常・・・
4.全身症状では、体重減少、浮腫み、慢性疲労、日中の睡魔、免疫異常・・・
などが報告されています。

牛乳のカゼインは、人間の母乳より分子構造が大きく、また母乳の10倍近くの量が入っています。牛乳のカゼインの消化酵素は、牛は持っていますが人間は持っていません。
漢方太陽堂では、グルテンやカゼインに対する腸内の浄化を促す漢薬、小麦や牛乳のアレルギーの毒消しをする食材の薬味等を見つけ、患者さんに食養生として対応して頂いています。

体質に合わす漢方処方

伝統漢方古方派を中心とした一般的薬方をご紹介。

四逆散

柴胡剤の中で有名な処方です。通常の柴胡剤は、柴胡・黄芩の2味が入り柴胡剤となります。しかし四逆散には黄芩が入っいません。柴胡・枳実・芍薬・甘草の4味の組み合わせです、通常の柴胡剤とは異なります。
枳実は、気塊(独特の漢方の概念で、「気」のエネルギーが動けず固まり、様々な精神・肉体異常が出る)に使用する薬味です。気塊を解消する薬味中で最も強いのが枳実になります。

枳実は強実証の大柴胡湯と四逆散の構成薬味です。
肉体的にも精神的にも強実証の大柴胡湯。肉体的には普通で精神面だけ強実証なのが四逆散です。さらに芍薬は肉体の緊張と精神の緊張を緩める薬味です。四逆散は、この枳実と芍薬の働きで発達障害・自閉症に使用する処方になります。

甘麦大棗湯

この方剤は、突然の異常行動や奇声などを抑える働きがあります。患者さん自身がコントロールできない心の動きをコントロールしやすくする漢方薬です。
小麦が入ってますので、グルテンアレルギーの方は避けなければいけません。

構成薬味の大棗は、五味(原料生薬の味で、効能を5種類に分類する)では「脾の臓」に配当されます。しかし五色(原料生薬の色で、効能を5種類に分類する)では「心の臓」に配当されます。
大棗は、発達障害・自閉症の心の昂ぶりを甘みで緩めます。同時に五行理論(全ての病態を12臓腑に配当し、相生・相剋理論を用い治療法を確定する治療学理論)により「肝の臓」の短気・イライラを鎮めます。

抑肝散

抑肝散は学会報告などでも発達障害・自閉症への効果が報告されている処方です。元来は四逆散の方意の発展処方になります。

「肝の臓」の症状である、どもり・イライラ・短気・チック症など筋肉の細かい動き・多動性などの「肝の臓」を抑える働きで「抑肝散」の名称が付いた処方です。
加味方として、黄連加味・芍薬加味・陳皮半夏加味などがあります。

酸棗仁湯

主薬である酸棗仁は、生と炙ったもので働きが逆転します。漢方太陽堂では「生酸棗仁」と「炙酸棗仁」を使い分けます。

生酸棗仁には興奮・覚醒作用があり、逆に炙酸棗仁には鎮静作用があります。一般に睡眠に対し覚醒、鎮静作用が論じられます。
しかし「生酸棗仁」には、生体内活性物質のレセプター受容体の覚醒作用があると思われます。

苓桂甘棗湯

本来は奔豚病(ほんとんびょう)と言われる発作的な激しい「気の上昇」に使用される漢方薬です。
発達障害・自閉症の場合、突然の激しい行動や言動に応用されます。

多くの漢方改善例から

「発達障害、自閉症」の一部をご紹介
発達障害・自閉症を漢方太陽堂で治療された改善例をご紹介します。
漢方の不思議な力を信じて。一緒に取り組みましょう。

患者さんからの、改善のお声を順次掲載しています。
諦めずに、希望を持って、一緒に考えましょう。

自分から進んで次々と行動してくれるようになっていますー発達障害

男性5歳No.5847
親の目から見るとボーっとする時間が少なくなりました。約束を守ろうとしてくれます。お約束も覚えてくれています。
幼稚園でのお着替えを早くしようとお約束した事も頑張って早くお着替えをしていますと幼稚園の先生からの連絡帳に書いて下さっていて嬉しかったです。
朝から怒鳴る事もなくなりました。自分から進んで次々と行動してくれるようになっています。イライラが減りました。

漢方太陽堂から患者さんへ

こんにちは。○○君は約束事を守ろうとする様になってくれたのですね。大きな前進だと思います。
周りの人はジレンマを感じる時もあると思いますが、自信を無くさないよう暖かい目で見守ってあげて下さいね。

自信がついたような感じがして嬉しい

男性8歳No.5847
先月の終わりくらいから人前が恥ずかしかったけど、発表もできてきていて克服したような感じの態度になってきています。
自信がついてきたような感じがしてうれしいです。

漢方太陽堂から患者さんへ

段々と自信がついてきているご様子で良かったですね。自信がつくことで行動も変わってくることと思います。どんどん良い方向に改善するように取り組んでいきましょうね。
糸練功の合数も順調に改善していましたよ。漢方薬に変更はありませんので引き続きお飲みになって下さいね。
引き続き鰹節をお食事に摂り入れるようにすると改善が早くなると思います。

殆ど発達障害の症状は、気にならない

男性7歳No.5450
殆ど気にならない感じです。
小児針に一週間に一回行き始めました。並行してやって行きたいです。

漢方太陽堂から患者さんへ

こんにちは。○○君は、殆ど気にならない様ですね。調子が良いみたいで良かったです。
合数も10合±になりました。針も始められたのですね。
お身体にご無理のない様にお気をつけ下さいね。季節の変わり目で体調を崩されないよう、ご自愛下さいね。

今までに比べて良くなっています

男性10歳No.5451
今までに比べて良くなっています。
学期末になるといつも調子が悪くなるが、今回も少しその感じがあったが、昔に比べ良くなっています。

漢方太陽堂から患者さんへ

まだ気になる所はあるものの、調子は良い方向に向かっているようですね。
学期末などの環境が変わる時期は、誰でもある程度気持ちが不安定になり易くなると思います。
漢方薬で改善を進めて、ストレスや環境の影響も受け難くなるように取り組んでいきましょうね。

今の漢方薬は良いと思います。発達障害

男性10歳No.5450
時々症状があるかなって感じです。
余り気にならない日が増えています。時々言葉が出ない時もありますが、今の漢方薬は良いと思います。

漢方太陽堂から患者さんへ

段々と調子が改善しているご様子で嬉しく思います。
子供用に組み直した粉薬が合っているようですね。
糸練功の合数も順調に改善していましたよ。この調子で取り組んでいきましょうね。
漢方薬に変更はありませんので、引き続きお飲みになって下さいね。

自分なりに言葉を変えたりして話をしている

薬歴No.5450男性10歳
どもりは、気にならなくなってきています。
学校の様子を見てきましたが、発達障害(ADHD)で言葉が出にくい時が極たまにありますが、自分なりに言葉を変えたりして話をしています。
学校を楽しそうに過ごしていました。
年末もありますし、今の漢方薬が合っている様な感じがするので、粉薬のままでいけるなら粉薬のままでお願いします。

漢方太陽堂からコメント

どもりの症状に改善が出てきたご様子で良かったですね。学校でも楽しく過ごしているとの事で嬉しく思います。
○○君の証に対する糸練功の合数も5.0合まで改善していましたよ。この調子で改善していく様に取り組んでいきましょうね。

前の性格に戻ったなと実感できる

薬歴No.4730女性8歳
PTSD(心的外傷後ストレス障害)前の、元の性格に戻ったな。と実感できるほど、明るくよく笑い、また心を外部に対して開いているなと、思える行動が見られるようになってきました。
漢方薬も最近の方が飲みがいいです。

漢方太陽堂からコメント

こんにちは。以前の明るい○○ちゃんに戻り、本当に良かったですね。私達もとても嬉しく思います。
お飲みの漢方薬は心も身体も強くなります。ストレスを受けやすい環境であっても、体調を崩さず過ごせる様になりますよ。治療終了のゴール目指して引き続きお飲みになって下さいね。
ご家族皆様、良いお年をお迎え下さいませ。

発達障害・自閉症、驚きを超えて感動です

薬歴No.5891女性5歳
なんと、昨日の夕食から緑の野菜、ほうれん草を食べ始めました。
今までは、少しでも口に入れるだけで吐き出していたり、完全に拒否していたのですが、拍子抜けする位あっさりと食べてくれました。
また、海産物は煮干をフードミルで粉にして、それを出汁にしてほうれん草の味噌汁を作って、それを食べさせる事にしたのですが、今日の夕食も見事に完食してくれました。
驚きを超えて感動です。

漢方太陽堂からコメント

こんにちは。○○ちゃんは、ほうれん草を難なく食べられるようになったのですね。とても嬉しいですね。
小さなお子さんは発育途中の段階ですので、本能的に「脾」に属する甘いものを欲し、相反する苦いものを嫌います。苦味を緩和し、抵抗なく食べられるよう工夫してお野菜をたくさん食べさせてあげて下さいね。

去年と違って運動会の練習にも参加しました

薬歴No.6809男性8歳
運動会があったんですが、去年と違って練習にも参加しました。
ちゃんとできていたので、発達障害(ADHD)は良くなっていると思います。
練習の後も、疲れているという感じだけで、癇癪を起こしたりする事もなかったです。

漢方太陽堂からコメント

こんにちは。去年とは違い、運動会の練習に取り乱してしまう事もなく、参加出来ていたご様子ですね。○○君ご自身の成長もあると思いますよ。
このまま落ち着いて過ごせるようにも、漢方薬をお飲み頂いて、毎日が楽しく充実して過ごせるようにサポートさせて頂きますね。
引き続き緑のお野菜は、意識して摂り入れる事で改善の助けになりますよ。

お病気に対して

西洋医学的には、発達障害・自閉症の原因は不明です。そのため有効な対処法を手探りの状態です。
漢方太陽堂では、伝統的な漢方薬「霜(黒焼き)」を参考に、独自の治療法を造っています。体質改善を通し、多くの患者さんに喜ばれています。