漢方とは

漢方情報をお届けします

漢方医学の特徴、原料生薬、食養生、漢方薬まで詳しくご紹介いたします。

漢方は7世紀以降日本へ伝わった東洋医学です。
漢の時代に書かれた「傷寒論」の処方を中心に日本で独自に発達した医学です。漢の方で「漢方」と呼ばれます。
東洋医学は中国では「中医学」、朝鮮半島では「韓方」です。

古典に基づく漢方

古典に基づく伝統医学の治療を行う事、高品質の原料の生薬に更に様々な修治(下拵え)を行い、漢方を製造していくことが大事です。

漢方の特徴

東洋医学

漢方は、症状を抑えるだけではありません。漢方薬には体質改善力があります。

  • 対処療法とは異なり、原因療法(根本治療法)になります。
  • 標治法(お病気の表面的原因)と本治法(大本の体質的原因)に対する治療法があります。理想は標治部と本治部を同時に改善する「標本治療法」です。
  • 東洋医学の診察は、師匠からお教えいただく技です。病因(気毒、血毒、水毒)、燥湿、虚実、三陰三陽、寒熱、収散、升降等を判断します。
  • 風邪や皮膚病等は、望診だけでも鑑別できる場合が少なくありません。

漢方薬の原料

  • 薬草である漢方は、自然食材と同じです。生産地や種で味も香りも色も異なります。
  • 当たり前のことですが効果も異なります。伝統医学では、原料である生薬の見立てから始めます。
  • 原料の生薬は、目で色(五色)を、鼻で香り(五気)を、舌で味(五味)を鑑別します。代々師匠から弟子へ受け継がれた技で選別します。

例えば麻黄と言う漢方生薬があります。有名な葛根湯の構成薬味でもあります。青臭い麻黄は心臓負担が大きいと言われます。数ヶ月茶色く変色するまで寝かせます。

神経痛や骨疾患に使われたり、防已黄耆湯にも使われる蒼朮と言う生薬があります。一般的に木立蒼朮が良いと言われています。
木立蒼朮は表面に精油成分が結晶化します。一見するとカビが生えたみたいに見えます。しかし余りにも精油が多すぎると蒼朮自体が黒っぽい色になります。また発疹の副作用も出やすいです。

すべての生薬に鑑別が必要です。
特に甘草、茯苓、黄連、山梔子、薏苡仁、黄芩、葛根、菊花、桂皮、厚朴、紅花、柴胡、大黄・・・などは効果も大幅に異なってきます。

漢方と西洋医学

東洋医学は非常に多くの疾患に対応しています。西洋医学の得意な分野、漢方の得意な分野。一長一短があります。
伝統医学の適応となる、或いは得意とする病状を、病気の原因、症状、治療法まで幅広くご紹介します。お病気で悩まれる人々の希望になれれば幸いです。

身体の不調を根本治療

1人1人お顔が異なるように体質は異なります。その場しのぎでない根本治療。
漢方だからできる事があります。伝統医学の力を信じて。

漢方とは

東洋医学に関して、判りやすく解説しています。
漢方とは
体質は、みんな一緒でしょうか?
1300年以上続く日本独自の医学 誰でも分る要点
医療気功「糸練功-5つの技術」を知る
病の性質と虚実の3つの診断について
4種の診察法について
原料の生薬、6通りの下ごしらえ
食養生-大事な2点