痒疹 – 漢方相談

急性、慢性、妊娠性に大きく分類されます。

急性痒疹

小児に多くストロフルスと呼ばれ、1週間程で回復する場合が多いです。

慢性痒疹

結節性痒疹と多形慢性痒疹があります。結節性痒疹では硬いコブ状の結節が出来、非常に痒い疾患です。

痒疹は、膝下の足や背中、胸、お尻等の全身に発生する患者さんもいらっしゃいます。

体質的原因として、アトピー性皮膚炎や湿疹体質の方に出来ることが多いです。

妊娠性痒疹

一般的に2回目以降の妊娠の妊娠中期に発生し、出産後には回復する場合が多いです。

◆痒疹の原因

痒疹の原因はアレルギーと考えられますが、明確な原因は分かっていません。

◆西洋医学的治療

痒疹の治療

痒疹の治療は、外用としては、ステロイド剤。内服としては抗アレルギー薬があります。いづれにしても症状を一時的に抑えるだけの対処療法でしかありません。

また痒みのために、無意識に掻いてしまい、治りにくくなる場合が多いです。治っても再発しやすい皮膚疾患の一つです。

◆痒疹の漢方治療

痒疹の漢方治療

痒疹は、非常に痒く、西洋医学的には治り難い皮膚病です。

しかし、太陽堂漢薬局では、痒疹の原因を「水毒」と「血毒」の両方から来ている「少陽病位」の皮膚疾患と捉え、独特の漢方治療法を確立しています。

痒疹で苦しみ、お悩みの方は、太陽堂漢薬局の漢方治療をお勧めします。

痒みの無いスッキリした生活と綺麗な皮膚を取り戻しましょう。

その他の皮膚病 >>