月経前症候群(PMS)

PMS 月経前症候群は高温期

PMSは生理が始まる2週間位前から起きる様々な不調の総称です。身体的PMS、精神的PMSと症状は多岐にわたり現れます。

生理周期との関係で、PMSの症状は、高温期に最も強くなる傾向があります。そして生理が始まり、生理期間には症状が緩和してきます。

PMSの原因

PMSの症状は、高温期に酷くなります。高温期には、黄体ホルモンが増加し卵胞ホルモンが減少します。そのため黄体ホルモンの増加、または卵胞ホルモンの減少が原因の一つと考えられます。
その他、ストレスや食事のバランス等も原因として考えられますが、PMSの明確な原因は明らかになっていません。

PMSの症状

身体的症状と精神的症状に大きく分けられます。一般的にこれらが複合してPMSは症状が現れます。

身体的症状

頭痛
食欲の異常増進、不振
浮腫むくみ
乳房の張りや痛み 等

精神的症状

イライラ
興奮
浮腫むくみ
うつ状態、不眠
不安感 等

PMSの漢方治療

昔から東洋医学では、PMSを「血の道症」と言っています。

また「更年期障害」は、閉経前後に起きる症状でPMSとは似ていますが異なります。
漢方治療は、身体的な症状「古血」として捉え、様々な治療法があります。
また精神的な症状を「五志の憂」として捉え治療をしていきます。非常に有効です。

間違いやすい。PMSと類似の病態

以下の症状や病態は、PMSと似ていますが原因が異なります。

生理前の乳首の痛みは、高プロラクチン血症の可能性があります。
生理痛が激しければ、月経困難症の可能性があります。
閉経前後の症状は、更年期障害の可能性があります。

PMSは、私ども漢方の専門家にご相談ください。

漢方改善例報告「かけ橋」

漢方太陽堂と患者さんとの「かけ橋」です。
漢方太陽堂の患者さんに、毎月お配りしています。
漢方治療を少しでも御理解して頂きたく、漢方太陽堂での実際の改善例を毎月御紹介致します。
漢方治療中の患者さんにとって、少しでも御参考、励みになれば幸いです。

微熱も伴う生理前症候群 PMS

(平成2年生、女性。No.3739)

受験を控えた、高校3年生の女子より相談を受けた。

2年前から、生理の3~4日前より急に微熱が出る。その他にも倦怠感、眠気、鬱症状、意欲低下、食欲不振、落ち込み、頭痛、ひどい生理痛などがあり、内科受診で血液検査をしたが異常なし。婦人科にてPMSと診断された。

初回来局時、生理痛に肝の陰証0.3合4+血虚改善の漢方薬証と生理中の急性の痛みに対して小腸の陽証0.1合5+裏の寒飲証が、また様々な不定愁訴の原因と思われる五志の憂に肝の陽証0.2合4+自律神経の漢方薬証があり、それぞれの漢方薬を選薬した。

1ヵ月後、微熱が出て体がだるい。話しをする事も苦痛で、何もしたくないとの事。微熱体質に胆、肝系の漢方薬証を確認したが、今までの漢方薬を優先してしばらく様子をみる事とした。
2ヵ月後、頓服で出していた裏の寒飲証を毎日継続する事にする。
3ヵ月後、生理痛が随分楽になってきたとの事。疲れやすい体質に脾虚改善の漢方薬を追加投薬した。

それから数ヶ月間は生理痛が楽になり、体調の良い時が徐々に増えてきた。休みがちだった学校も一日も休む事なく通える月も出てきた。
生理中に頓服を飲まなくても痛みは起こらなくなってきた。

進学も決まり、ほっとしたご様子。生理痛の漢方薬は一旦終了とし、これから更に体力を付ける為に養生と共に漢方薬を継続中である。