漢方薬の太陽堂漢薬局|福岡

お電話でのご予約:092-263-3590

電話受付;9時~17時

漢方相談;10時~18時 日・月・祝日定休

RSS メールでのお問合せ

漢方

当帰拈痛湯・当帰連翹湯・騰竜湯・独参湯

騰竜湯(トウリュウトウ)-本朝経験 -適応疾患。前立腺炎、前立腺肥大、睾丸炎、骨盤腹膜炎、虫垂炎、ソケイ部リンパ腺炎、子宮筋腫、子宮癌。使用目標。下腹部、骨盤腔、陰部等に炎症や化膿症があり、或いは腫脹、疼痛を訴える方に用いられます。漢方の証・方意。病位・虚実;陽明病、実証。方意;下焦の熱証:激しい充血、発赤、腫脹、疼痛。備考;大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ)を加減したものです。実証で急迫症状のある方には、そのまま用いて良いのですが、慢性病で便秘のない方には、大黄、芒硝を抜いても良いです。前立腺肥大で尿閉を来すものには、大黄、芒硝を去加し、八味丸(ハチミガン)と合方して用いることが多いです。

安中散・胃風湯・胃苓湯・茵蔯蒿湯・茵蔯五苓散

神経性胃炎/65歳・男性 -漢方処方・応用の実際より引用-65歳の男性。足の痛風が漢方治療で治ってから、すっかり漢方ファンになった人である。ある時、食欲が減少し、食事を摂るとすぐに胃部が膨満して苦しくなり、時々胸焼けしたり軽く上腹部が痛むようになった。ある病院で検査したところ、胃酸が減少していると言われ、癌になるのではないかと心配された。

貝母・麦芽・麦門冬・薄荷・蜂蜜・半夏

大麦(イネ科)の少し発芽した種子を乾燥したものです。大麦を水に浸し、発芽して3~5mmになった後、取り出して日干しにしたものです。ヨーロッパでは、有史以前から主食の一つでしたが、グルテンを含まない為パンには出来ず、現在は食用ではなく飼料やビール、ウイスキーの醸造用として栽培されています。

黄連湯・乙字湯・華蓋散・藿香正気散・葛根湯・葛根湯加石膏・葛根湯加桔梗石膏

悪心・嘔吐のおこる方に用います。この時、胃部の停滞感や重苦しい感じ・食欲不振・口臭などがあります。動悸が起こって息苦しく、上衝してつきあがる感じがあります。便通は、便秘する場合や下痢する場合があります。腹部では、みぞおちに抵抗があり、上腹部に圧痛を感じることがあります。

反鼻・枇杷葉・白芷・白朮・蒼朮・白斂

マムシの内臓を除去した後の全体を用います。薬としては現在では、殆ど韓国産のマムシが使用されています。薬材として使う場合は、皮をはいで棒状にしたものを反鼻あるいは五八霜と言います。皮付きのまま蒸して円盤状にしたものを「マムシの蒸し焼き」と呼びます。マムシのヘビ毒は、血液毒成分と神経毒成分が含まれて血液循環障害や出血、壊死、浮腫などが出現します。

葛根黄連黄芩湯・葛根湯加辛夷川芎・葛根湯加苓朮附湯・葛根加半夏湯・加味八仙湯

肩凝り/50歳・男性-漢方処方・応用の実際より引用-藤平健博士が、高血圧症に葛根黄連黄芩湯を用いて良い事があると言われる事にヒントを得てこの処方を用いてみた。患者は体格の良い骨格のがっちりした人である。葛根黄連黄芩湯を用いて1週間後に来院したとき「今度の薬を2日飲んだら、肩のこりは嘘のようにとれて、さっぱりしました。

檳榔子・茯苓・附子・仏手柑・防已

ビンロウ(シュロ科)の種子を乾燥したものです。果皮部分は大腹皮と言います。中国産を大腹檳榔と言って良品となります。オランダ産の物はやや品質が落ちます。昔、貴いお客さまが来客した時にビンロウの果実をご馳走に出したものですが、「賓」とか「郎」は貴客の名称であるので「賓郎」から「檳榔」の名を得ました。