パニック障害

パニック障害

抗不安薬1回服用でも平気です

女性54歳。お蔭様で良い感じです。抗不安薬は調子の悪い時は半分量を3回飲んでましたが、最近は1回でも平気だったり昼間に飲み忘れる事もあるぐらいです。
パニック障害

パニック障害

パニック障害は、以前は不安発作やうつ病と同様に考えられていました。1度起きると、徐々に発作が起きやすくなります。うつ病等と異なる事が判明したのは、三環系抗うつ剤のトフラニールにより、発作が起きなくなるグループがある事が分ったからです。
パニック障害

漢方薬で症状を抑えれている感じがします

前より良い感じです。発作が起きそうな時は深呼吸をして落ち着かせてます。漢方薬で酷くなるのを抑えれてる感じがします。徐々に体調が良くなって来て良かったですね。もうすぐ半ばに到達するところです。引き続き頑張って飲んで下さいね。
パニック障害

何も構えず行動に移すことができる

女性37歳。喉の違和感は、殆どありません。症状は起こっていません。発作が起きそうな感じも減って来ています。直ぐにスッキリ調子が良くなる様になりました。漢方太陽堂から患者さんへ。糸練功でみると、2つ目の山の7合を越しつつあります。
パニック障害

発作的な頭痛と冷や汗と吐き気

当時50歳の男性の相談をお受けした。精神的にも非常に苦しまれたと言われる。病院で診断されたそうである。東洋医学では五志の憂の一つとして治療をしていく。糸練功で確認すると膀胱経絡病1合4プラスで五志の憂を確認。通常で1合のため、発作時は0合から1合まで下がると思われる。