漢方太陽堂は、福岡県・福岡市博多区。40年以上の漢方専門薬局です。患者さんの漢方による体質改善を伝統的な理論に基づき臨床漢方を守っています。

お電話でのご予約:092-263-3590

電話受付;9時~17時

漢方相談;10時~18時 日・月・祝日定休

RSS メールでのお問合せ

「コラム記事」の記事一覧

漢方とアトニー型・カタル型

2022年9月23日;(写真は 大分県豊後大野市 水車 です。) 胃アトニーと言う用語があります。 アトニーとは筋肉の緊張、収縮力が失われた状態です。 身体の胴が細く、筋肉も弛緩タイプの人に多いです。内臓下垂や胃腸の動き […]

夜露に濡れるな

2022年9月19日;(写真は モグラの穴。モグラの黒焼きは漢方薬の土竜霜 です。) 私が小学生の頃、太陽が沈み暗く成りかけた頃に、母から「夜露に濡れるな」と何回も言われていたのを思い出します。 日が沈み気温が下がってく […]

漢方薬の不思議な疑問、甘草2

2022年9月18日;(写真は 大分県由布市 天空のカフェからの湯布岳 です。) 漢方薬の不思議な疑問、甘草1 から続く 動物実験では人間に換算し1日量4~5gの生甘草(ナマカンゾウ)を1年以上継続すると低カリウム血症が […]

漢方薬の不思議な疑問、甘草1

2022年9月12日;(写真は 大分県由布市の山並 です。) 低カリウム血症と言う言葉を聞かれた方も多いかと思います。 筋力が低下し疲労感や不整脈、浮腫み、血圧上昇などの症状を呈します。 カリウムは体液に伴い体外へ排出さ […]

漢方薬の不思議な疑問、白人参

2022年9月11日;(写真は 大分県由布市由布岳 です。) 漢方を勉強した人では、白人参(シロニンジン)で血圧が上昇する人がいるのは周知の事実です。 しかし動物実験では、人参は血流を改善するため血管抵抗を減らし、逆に血 […]

漢方薬の不思議な疑問、黄芩

2022年9月5日;(写真は 大分県由布市 亀の井別荘 です。) 漢方薬の不思議な疑問、柴胡(サイコ) から続く 最近、黄芩(オウゴン)の質が更に悪化してきているのでしょうか。以前は無かった柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカ […]

漢方薬の不思議な疑問、柴胡

2022年9月4日;(写真は 大分県由布市 懐石料理 山椒郎 です。) 30年ほど前、漢方薬が化学薬品の副作用防止として使われていた時代がありました。 その時、盛んに使われいたのが小柴胡湯(ショウサイコトウ)です。漢方薬 […]

漢方薬の不思議な疑問、牡蠣

2022年8月29日;(写真は 大分県由布市湯布高原 です。) 小柴胡湯加牡蠣(ショウサイコトウカボレイ)などの牡蠣(ボレイ)を服用すると、便秘になる人がいます。牡蛎の中のカルシウムが腸の平滑筋を収縮させ便秘になる場合が […]

漢方薬の不思議な疑問、芍薬

2022年8月28日;(写真は 広島県宮島 です。) 30~40年ほど前、「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)を服用するとムカツキがする」と話題になったことが有ります。その原因は当帰芍薬散の中の芍薬のせいだとの見解が出さ […]

腹部の動悸2

2022年8月23日;(写真は 広島市縮景園 浅野藩主の別邸の庭です。) 腹部の動悸1 より続く 心下悸(シンカキ)と別に。 心下痞(シンカヒ)、心下痞硬(シンカヒコウ)、心下痞鞭(シンカヒベン)他の腹証があります。人参 […]