石膏・牡蠣・雪蓮花・真珠・虎鞭・熊胆・竜骨・大棗・熟地黄・大黄・猪苓・天門冬・山査子を常設展示しています。

太陽堂漢薬局の生薬展示紹介

石膏(セッコウ)

  • 左に展示
  • 石膏は、縦に束鍼状の紋理があり軟らかい物が上品です。硬いものは劣品です。
  • 修治(シュチ、調整方)は上下から炭火で2時間半程焼き、一晩冷やし薬用とします。
  • 五味は甘・辛。五気は大寒。
  • 清熱、解熱、消炎、止渇、鎮静作用があります。高熱、糖尿病他熱性・炎症性疾患に多用します。
  • リストです。

牡蠣(ボレイ)右手前に展示

  • 日本で使われる牡蠣は漢方では雌蠣と言い偽物です。一般に雌蠣は日本では生をそのまま。
  • 中国では化石牡蠣を約300度で焼き使用しています。
  • 当薬局では800度で焼かれた化石牡蠣を使用しております。
  • 五味は鹹・渋。五気は微寒。
  • 鎮静、収歛、軟堅、制酸作用があります。

雪蓮花(セツレンカ)奥に展示

  • 五味は甘苦。五気は温。
  • 寒を除く、陽を壮んにする、調経、止血の効があり、足腰の弱り、生理不順、婦女崩帯、外傷出血に用います。

真珠(シンジュ)

イメージ37

  • 左側に展示。
  • 真珠皮と言い、真珠の表面だけを粉にして使用します。
  • 五味は甘・鹹。五気は寒。
  • 安神、定驚、清熱、解毒、除翳、収斂生肌の効があり、心肝の火を清して動悸や痙攣、目の混濁に用います。

虎鞭(コベン)

イメージ38

  • 上段右側に展示
  • 虎の陰茎です。一般に強壮剤として用います。現在は入手不可能です。

熊胆(ユウタン)

  • 下段右側に展示
  • 光沢のある黒色を呈し臭気は焦臭性です、純苦味で血脂等の雑味の無いのが良品となります。また琥珀様に透明で光沢があり黄赤色で極めて苦く、口で溶かすと粘らぬ物も良品です。
  • 水に溶かし湯煎にて温め頓服します。又は水で溶化し皮と滓を取り丸薬にもします。
  • 五味は苦。五気は寒。
  • 利胆作用が強く、鎮静、鎮痙、鎮痛、消炎を目的に用います。

竜骨(リュウコツ)

  • 下段左側に展示
  • 竜骨は、マンモスや動物の化石です。色が白い物が良く、黄色、黒と順に質が落ちます。舌に付けると吸い付いて離れない物が良品です。
  • 五味は甘・渋。五気は平。
  • 強壮鎮静剤であり、臍下の動悸、驚狂、失精、不眠症に用います。
  • 生は鎮静効果に優れ、焼くと収斂効果が強くなります。

大棗(タイソウ)

イメージ36

  • 左側に展示
  • 大棗は、なるべく肉の厚いものほど良く、大きいナツメであればよいというので、大きい棗から大棗の字が得られました。大棗は大きければ有効成分も多く、新しいもの、すなわちジクジクしているようなものほどよい。
  • 五味は甘。五気は温。
  • 脾胃を補い、精神を安定させ、刺激の強い薬性を緩和する効があり、食欲不振、下痢、動悸、ヒステリーなどに用いる。

熟地黄(ジュクジオウ)

  • 右から二番目に展示
  • 生地黄(ショウジオウ)は甘く、潤の多い肥った物が良品です。熟地黄(ジュクジオウ)は酒で蒸して黒い光沢がある物が良品です。
  • 五味は甘。五気は微温。
  • 補血、強壮作用があります。貧血、虚弱者、糖尿病他様々な慢性病に用います。

乾地黄(カンジオウ)

  • 生地黄(ショウジオウ)は五味は甘・苦。五気は寒になります。

大黄(ダイオウ)右側に展示

  • 錦紋大黄が良品です。
  • 唐大黄でも軽く、虫が来るほどの陳い物ほど良品です。虫も食わない大黄は人間にとって劣品です。
  • 五味は苦。五気は寒。
  • 通便、清熱瀉火、活血化オの効があり、熱性疾患、興奮症状、オ血、腹部腫瘤、無月経などに用います。

猪苓(チョレイ)

イメージ34

  • 左側に展示
  • 猪苓は、サルノコシカケ科のチョレイマイタケの乾燥した菌核を用います。
  • 薬材は5~15cmぐらいの黒褐色をした塊であり、新鮮なものの内部は白色であるが、時間が経つと褐色を帯びてきます。
  • 五味は甘。五気は平。
  • 利水消腫、通淋の効があり、排尿減少、浮腫、脚気、下痢などに用います。

天門冬(テンモンドウ)

  • 麦門冬と働きが似ているので天門冬・地門冬ともいわれるが、なかでも天門冬と一般に言われます。本当は白色ですが、堅く黒くなってしまいました。
  • 五味は甘・苦。五気は大寒。
  • 滋陰清熱、化痰の効があり、発熱、咳嗽、吐血、口渇、咽喉の腫瘍などに用います。

山査子(サンザシ)

  • 右側に展示
  • 山査子は、成熟果実を乾燥させたものを用います。核を除いたものは山査肉(サンザニク)といいます。
  • 五味は酸・甘。五気は微温。
  • 消食の効があり、おもに消化不良や下痢の治療に用います。特に油っこいものや肉類などの消化不良に適しています。