漢方太陽堂

漢方養生

東洋医学の陰陽とは

2024年2月27日。写真は、広島県福山市、真言宗明王院です。 解剖学の臓器の反応は陽面 人間の身体は、陰面に小宇宙の病因の気血水と六臓六腑が出ます。 陰面の腹診の深さ 甲把南栄先生の気血水や風毒塊は、腹診の表面にでます。 皮膚の表面の感覚...
東洋医学理論

病ごとの東洋医学の反応穴

2024年2月20日。写真は、広島県福山市、真言宗明王院です。 入江先生の反応穴 故入江正先生は、幾つかの病ごとの反応穴を見つけられ私達にお教えくださいました。 1つは五志の憂の反応穴です。五志は精神神経症の判断に欠かせません。一部の痴ほう...
東洋医学理論

様々な東洋医学の診断法

2024年2月15日。写真は、広島県福山市、真言宗明王院です。 東洋医学には様々な診断方法があります。 人間の身体には不思議な反応があります。自然の不思議なのかもしれません。 ここでは不思議な生体の反応を使った東洋医学の診断方法をご紹介しま...
東洋医学理論

東洋医学の診断、証の決定法

2024年2月9日。写真は、広島県福山市、真言宗明王院です。 人間の身体に異常が生じると、様々な反応が出ます。 ツボも反応穴で診断にも治療にも使われます。 東洋医学で使われる六部定位脈診も手首の内側で全身を診る事が出来る反応点です。 今回は...
漢方雑記

人生を変えて頂いた一言

2024年2月6日。写真は、広島県福山市、草戸稲荷神社です。 掌踵膿泡症の男性 私が30代の頃、掌踵膿泡症の男性の患者さんを診ていました。 男性は隣の県から5、6時間掛けて、息子さんや娘さんが運転する車で毎月来ていらっしゃいました。 この患...
がん

放射線治療も半分終わり副作用などもなく元気です

女性42歳。先月、漢方薬を頂いてから忘れる事なく飲むことが出来ています。体調も良いです。前回基準値を少し超えてしまった腫瘍マーカーも、基準値内に戻りホッとしました。
痔ろう

化膿を悪化させる甘い物や油物を摂り過ぎない

男性51歳。とても良くなっています。引き続きよろしくお願いします。たまにまだ腫れますが調子の良い日が多いです。痔ろうは順調に良くなっている気がします。症状は調子良く、患部もかなり小さくなってまいりました。
眩暈

吐き気や眩暈、動悸が1ヶ月で改善

吐き気の様な気持ち悪さ、フワッとした眩暈の様な症状に悩まされているという男性から相談を受けた。車酔いの様な、なんともいえない気持ち悪さ、フワッとした感覚は前かがみになると起こりやすいとの事。
その他の病気

なんとなく不調でやる気が出ない男性

気力が無く、なんとなくいつも不調を感じている男性から相談を受けた。詳しく話を聞くと、脈が早くなる事があり、病院に行くほどではないが寝起きが特に怠いので、何とかしたいとの事。
痔ろう

完治に至るには、やはり継続的な服用が大事です

男性51歳。症状につきましては、下痢はほとんどなく、出血後に出血部分がかさぶた状態になり、更に固くなります。また、出血後は小さくなります。今までと違い、良い方向へ向かっているように手ごたえのようなものを感じます。
自律神経失調症

病院薬を飲み終えても特に症状も出なくなりました

女性42歳の自律神経失調症。体調の悪い時は大分減ってきました。この時期、食欲がなくなるのですがそれも大丈夫です。眠りも良いです。生理前、排卵時期、疲れた時のイライラもありますが以前ほど強くないです。
非結核性抗酸菌症

2ヶ月培養しても菌が出なかった

女性62歳。季節の変わり目のせいか少し咳が出るようになりましたが、痰はあまり出なくなりました。先月、病院の検査に行きました。特に変わりはありませんでしたが、前回の痰の検査で2ヶ月培養しても菌が出なかったそうです