漢方の福岡太陽堂漢薬局

お電話でのご予約:092-263-3590

9時~18時 日・月・祝日定休

メールでのお問合せ

Author: 太陽堂漢薬局

小児喘息について

小児喘息の原因と治療法。アレルギー体質の子供さんに発症しやすいです。原因は、ハウスダスト・ダニ・花粉等が多いです。原因のアレルゲンが判明した場合は、出来るだけアレルゲンを除き触れないようにします。

医療気功「糸練功-5つの技術」を知る

糸練功と東洋医学 太陽堂漢薬局では患者さんの病態をより正確に把握する為、漢方の四診である問診・望診・聞診の他に、医療気功である糸練功(経絡の気の流れを観る)を駆使し、患者さんの漢方薬の証(現在の体質と病態)を把握・判断し […]

4種の診察方法について

漢方の診断には、四診。望診(ボウシン)、聞診(ブンシン)、問診(モンシン)、切診(セッシン)の4つの診察方があります。更に日本では古方派の素晴らしい腹診があります。 太陽堂漢薬局では、医療気功「糸練功」は切診の変わりに使 […]

原料生薬の6通りの下ごしらえ

薬草である漢方薬は、食材と同じです。産地や質で味も香りも色も異なります。当たり前のことですが効果も異なります。 伝統医学では、原料である生薬の見立てから始めます。 原料生薬は、目で色(五色)を、鼻で香り(五気)を、舌で味 […]

食養生-大事な2点

医食同源 「医食同源」は、「医は三分」・「食は七分」です。医は漢方治療であり、食は食養生を中心とした「養生法」です。 東洋医学の古典「黄帝内経素問 四気調神大論第二」には、季節に合わせての生活養生方の基本が記載されていま […]

病の性質と虚実の3つの診断について

東洋医学の概念 漢方と寒熱(カンネツ) 東洋医学で言う熱は、西洋医学で言う「熱」ではありません。たとえ40度の高熱があっても患者さんが「寒い」と感じれば漢方医学の寒に当たります。 体温の上昇が熱ではありません。逆に、平熱 […]

脂肪肝

脂肪肝の原因と治療法。脂肪肝になると、血液が粘っこくなります。その結果、動脈硬化や血栓が出来やすくなり心筋梗塞や狭心症を起こしやすくなります。また血糖値が上昇することにより、HbA1C(ヘモグロビンAワンC)が大量に造られ、更に血栓症が進行します。