「癌がん,悪性腫瘍,悪性リンパ腫」の記事一覧

blank

肝がん・肝臓癌について

肝がん・肝臓癌の原因と治療法。肝臓がんには、原発性の肝臓がんと他の臓器から転移してきた転移性肝臓がんとあります。原発性の肝臓がんの場合、肝硬変や肝炎等の肝臓病がベースにある事が多いです。特にC型肝炎やB型肝炎のウイルスに長期間感染することにより、肝臓の細胞の遺伝子が変異し肝臓がんを発病します。
blank

小さいシコリも少しずつ小さくなってます

【女性54歳No.6571】大きいシコリから大量に出血して中のものが出て来ました。その後随分小さくなりました。小さいシコリも少しずつ小さくなってます。便通も良いです。傷口付近にまだ出そうで出ないものがあります。【太陽堂漢薬局から患者さんへ】シコリの中の物がたくさん出て良かったですね。夕食前の粉薬の改良版が出来上がりました。
blank

生検の結果は大丈夫でした

【女性48歳No5964】胃癌-調子良いです。五月の半年胃カメラ、生検大丈夫でした。半分切るか経過観察か言われて経過観察を選択しました。【太陽堂漢薬局から患者さんへ】腫瘍の芽を取り除く為に、引き続き漢方薬をお飲み下さいね。免疫力を落とさない様に甘い物は控えてお過ごし下さい。
blank

腫瘍マーカーも正常でした

【女性58歳No.6221】肺がん-先日のCT検査では、異常なしでした。腫瘍マーカーも正常でした。【太陽堂漢薬局から患者さんへ】急激に上腹部の証は改善していました。また腫瘍の反応は、探すことが難しい程の改善をしています。錠剤は朝6個1日1回でも大丈夫ですが、しばらく、このまま朝夕5個づつ飲みましょうね。
blank

四物湯加炙麦芽を使用、大きな変化があった乳癌_論文発表

乳癌は非浸潤癌と浸潤癌と分けられ、浸潤癌の多くは硬癌と呼ばれるタイプが多く、同病の多くを占めている。その中で特殊なタイプとして粘液癌がある。乳癌は一般的に乳腺症が原因とは考えられていないが、太陽堂では腫瘍の治療と乳腺症に対しての治療を行っている。今回は乳腺症に使用する漢方薬を変更した所、腫瘍部分が小さくなり改善した症例があったので報告する。
blank

腫瘍マーカーの数値が下がっていました

【男性54歳No.6977】硬膜外腫瘍-ファーストオピニオンの病院でMRI検査を受け、腫瘍が無くなっている事が判明しました。セカンドオピニンを求めた病院でのPET検査では、手術以外に取り除く事は不可能で、手術による悪化のリスクもあるとの診断でした。つまり、手術でしか取れない腫瘍が手術しないで消えたのです!処方して頂いた漢方を欠かさず飲んでいた事で消えたと信じています。
blank

血液検査の数値は全体的に下がってます

【女性70歳No.6143】骨髓増殖性疾患-金銭的に厳しいので、金額の事もご相談に乗って頂いて8月から煎じ薬を減らしてもらってますが、今月の血液検査の数値は全体的に下がっていてビックリです!ヨーグルトを朝晩食べてますが、晩の方のヨーグルトを飲むタイプのに変えたらお腹が張らず、便通の粉薬を減らしてもスッキリ出ます。