日本漢方の古方派を中心とした漢方薬・処方をご紹介します。

一般の方から専門家まで馴染めるよう、症例・処方薬味・適応疾患・使用目標・漢方の証・方意をご紹介。

苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ)-金匱要略-

処方薬味

生薬-甘草甘草 生薬-半夏半夏 生薬-杏仁杏仁
生薬-五味子五味子 中国39-生薬-茯苓茯苓 生薬-生姜-乾姜乾姜
生薬-細辛細辛    

適応疾患

肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、心臓弁膜症、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、心不全、百日咳、花粉症

使用目標

喘鳴・喘咳・咳嗽・息切れなどがあり、浮腫を伴う方で、冷え性で貧血症の方に用います。

漢方の証・方意

  • 病位・虚実;太陰病、虚証
  • 十二臓腑配当;腎
  • 方意;上焦の水毒による稀薄な喀痰・咳嗽・顔面浮腫や寒証としての顏色不良・貧血・手足の冷え。虚証としての疲労倦怠。しばしば水毒による浮腫・尿不利などにも用います。
  • 備考;苓甘姜味辛夏仁湯は小青竜湯(ショウセイリュウトウ)証と同じく水毒が強く、喘鳴・浮腫・咳嗽に効果的です。しかし、小青竜湯と違い表証には効果はありません。

苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)-傷寒論-をご紹介

生薬-桂皮

処方薬味

生薬-甘草甘草 生薬-白朮・蒼朮白朮 中国39-生薬-茯苓茯苓
生薬-桂皮桂皮    

適応疾患

胃下垂症、胃アトニー症などにみられる神経症、眩暈、動悸、動揺感、心臓疾患による眩暈、動悸、メニエール症候群、神経性心悸亢進、不安性神経症、ヒステリー、血の道、心臓弁膜症、その他の心疾患、バセドウ病、結膜炎、翼状片、白内障、腎炎、ネフローゼ症候群、高血圧、喘息、蓄膿症、貧血症

使用目標

胃に停水(水毒)があって動悸・眩暈を訴える方に用います。

立ちくらみ・眩暈・身体動揺感など程度の差はあるが、眩暈が主訴の方によく用います。(本方の眩暈は起立性、運動性のもので頭を動かすと起こるのが特徴)同時に、息切れと動悸、頭痛、上昇などを伴い、尿利が減少している方にも用います。

漢方の証・方意

  • 病位・虚実;少陽病、虚証中間から虚証
  • 十二臓腑配当;心・腎・小腸・膀胱
  • 方意;気の上衝・水毒の動揺による立ちくらみ・眩暈・乗り物酔い・上腹部振水音

苓姜朮甘湯(リョウキョウジュツカントウ)-金匱要略-をご紹介

生薬-生姜-乾姜

処方薬味

生薬-甘草甘草 生薬-白朮・蒼朮白朮 中国39-生薬-茯苓茯苓
生薬-生姜-乾姜乾姜    

適応疾患

腰脚の冷感、腰痛、坐骨神経痛、遺尿、夜尿症、帯下、湿疹

使用目標

腰と腰より下部が冷え、冷感を自覚する方に用います。上半身には異常がありませんが、口渇がなく、八味地黄丸(ハチミジオウガン)と区別されます。

腰、足が冷痛し、腰が重く感じ、尿利が近くて尿量が多く、飲食が変わらない方にも用い、体を温めると症状が緩和するものが目標となります。

漢方の証・方意

  • 病位・虚実;太陰病、虚証
  • 十二臓腑配当;心・腎
  • 方意;下焦の寒証としての腰脚の冷え・冷痛・多量な稀薄尿

連珠飲(レンジュイン)-内科秘録-をご紹介

生薬-地黄

処方薬味

生薬-甘草甘草 生薬-白朮・蒼朮白朮 生薬-当帰当帰
生薬-芍薬芍薬 中国39-生薬-茯苓茯苓 生薬-桂皮桂皮
生薬-川芎川芎 生薬-地黄地黄  

適応疾患

貧血症、貧血による眩暈、動悸、耳鳴、鉄欠乏性貧血、心臓弁膜症、萎黄症、十二指腸虫症の貧血

使用目標

貧血による動悸・眩暈・息切れならびに耳鳴り・顔面浮腫などがある方に用います。ただし、貧血が甚だしく口唇や爪まで蒼白になるほどのものや、胃腸が軟弱で下痢しやすい方には用いることができません。

漢方の証・方意

  • 病位・虚実;太陰病、虚証
  • 十二臓腑配当;心・腎・膀胱・肝
  • 方意;四物湯(シモツトウ)証の血虚による貧血・顏色不良と、苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)証の気の上衝・水毒の動揺による心悸亢進(動悸)・眩暈・耳鳴りに対する方剤です。
  • 備考;苓桂朮甘湯(気の上衝を治め、水毒を去る薬方)と四物湯(血液を清くして貧血を治す薬方)の合方です。

六味丸・六味地黄丸(ロクミガン・ロクミジオウガン)-小児直訣-をご紹介

生薬-山薬

処方薬味

生薬-蜂蜜蜂蜜 生薬-山茱萸山茱萸 生薬-山薬山薬
生薬-牡丹皮牡丹皮 中国39-生薬-茯苓茯苓 生薬-澤瀉澤瀉
生薬-地黄地黄    

適応疾患

老人性腰痛、ぎっくり腰、高血圧症、動脈硬化症、脳卒中後遺症、前立腺炎、前立腺肥大、慢性腎炎、膀胱炎、腎臓結石、糖尿病、腎不全、精力減退、男性不妊、夜尿症、白内障

使用目標

八味丸証に準じ、しかも陰証と決めがたく附子を用いられない方に用います。小児は活力が旺盛で陽気が強いため、附子が用いがたいことが多く六味丸証となることが多いです。

八味丸から陽気を増す薬物、桂枝、附子を去ったとされますが、小児に限らず陰(肝・腎)が衰え、陽(心・肺)が盛んな人に用いられます。(八味丸は真の老化、六味丸は偽の老化)

漢方の証・方意

  • 病位・虚実;少陽病~太陰病、虚証
  • 十二臓腑配当;腎
  • 方意;腎虚:臍下不仁、腰から下の脱力感(腰痛、筋力低下、精力減退)。燥証・虚熱:口渇、皮膚粘燥、兎便、手足煩熱。水毒:浮腫
  • 備考;胃腸虚弱者には地黄剤の為あまり用いられませんが、人参剤と同時服用すると大丈夫なようです。

参考文献・出典

  1. 漢方診療医典 大塚敬節・矢数道明・清水藤太郎 著
  2. 漢方処方 応用の実際 山田光胤 著
  3. 漢方方意ノート 千葉古方漢方研究会 著
  4. 漢方治療百話第1~3集 矢数道明 著
  5. 腹證奇覧 稲葉克文礼 和久田寅叔虎 著
  6. 漢方処方応用のコツ 山田光胤 著
  7. 薬局製剤 漢方194方の使い方 埴岡博・滝野行亮 共著
  8. 勿誤薬室方函口訣 長谷川弥人 著
  9. 漢方診療30年 大塚敬節 著
  10. 皇漢医学 湯本求真 著
  11. 黙堂柴田良治処方集 柴田良治 著
  12. 類聚方広義 吉益東洞 著

漢方とは >>