香芎湯・香蘇散・牛黄清心元・杞菊地黄丸

日本漢方の古方派を中心とした漢方薬・処方をご紹介します。
一般の方から専門家まで馴染めるよう、改善例・処方薬味・適応疾患・使用目標・漢方の証・方意をご紹介。

香芎湯(コウキュウトウ)-儒門-

処方薬味

生薬-甘草甘草 生薬-石膏石膏 生薬-薄荷薄荷
生薬-香附子香附子 生薬-川芎川芎 生薬-桂皮桂皮

適応疾患

婦人の頭痛、偏頭痛

漢方の証・方意

  • 病位・虚実;実証

香蘇散(コウソサン)-和剤局方-をご紹介

生薬-香附子

改善例

風邪/中年女性 -漢方処方・応用のコツより引用

ある中年女性。胃が弱くて食事がよく摂れず、太りたいけれども太れず、体力が無くてすぐ疲れ、家事も満足に出来ないと言って来店。痩せて顏色が悪く、手足が冷たく、腹部に胃内停水を認めた。この患者に四君子湯 加附子を用いて次第に元気になった。

すると初秋の頃、「風邪を引いたから何か薬を下さい」と使いの人をよこした。そこで、香蘇散を3日分ほど持たせて帰した。数日後、患者自身で来院し「お陰で、あの薬を飲んだら2日ほどで風邪が治りました。いつもは新薬を飲んでも治らず、かえって胃を悪くして、いつまでも長引くのですが、今回はすぐ気持ちよくなりました。」と喜んで報告した。

その少し後、この患者は何年ぶりかで温泉へ行く気になったが、風邪を引くと困るからと言って、四君子湯と香蘇散をたくさん持って出かけていった。後で聞いたところ「山の温泉で案の定風邪を引いたけれども、香蘇散を飲んだら、僅かに汗が出てすぐに治ったので、安心して長居してしまった」とのことだった。

処方薬味

生薬-陳皮陳皮 生薬-香附子香附子 生薬-生姜生姜
生薬-甘草甘草 生薬-蘇葉蘇葉

適応疾患

感冒の軽症、胃腸型の流行性感冒、魚中毒、蕁麻疹 、月経困難症 、神経衰弱、 ヒステリー、腹痛

使用目標

感冒などの熱が出る時。胃腸虚弱な人の風邪、発熱の初期、葛根湯や 麻黄湯では強すぎで、桂枝湯では胸にもたれるという人が、頭重、頭痛、悪寒、食欲不振を訴えて、熱が出かかったり、風邪気味だという時に用います。

太陽病にあたる時期です。どちらかというと虚証の方が多いのですが、平素虚証の患者で、日ごろ虚弱で神経質、気分が憂うつで胃が弱く、食欲不振、精神不安、頭痛がある方に用いるようです。

また、魚肉中毒による発疹の場合にも用いられます。

漢方の証・方意

  • 病位・虚実;太陰病 虚実中間から虚証
  • 十二臓腑配当;心・肺・腎
  • 方意;気滞による精神症状としての抑うつ気分・感情不安定などや、脾胃の虚証としての食欲不振・心下痞・胃腸虚弱。表の寒証としての頭痛・悪寒・発熱
  • 備考;胃の弱い方に用いる薬方です。

牛黄清心元(ゴオウセイシンゲン)-東医宝鑑-をご紹介

生薬-蜂蜜

処方薬味

生薬-甘草甘草 生薬-白朮・蒼朮蒼朮 生薬-生姜生姜
生薬-芍薬芍薬 中国39-生薬-茯苓茯苓 生薬-桂皮桂皮
中国42-生薬-大棗大棗 生薬-牛黄-牛胆牛黄 生薬-柴胡柴胡
生薬-黄芩黄芩 生薬-麝香麝香 生薬-人参人参
生薬-零羊角零羊角 生薬-川芎川芎 生薬-当帰当帰
生薬-防風防風 生薬-竜脳竜脳 生薬-白斂白斂
生薬-蜂蜜蜂蜜 生薬-金箔金箔 生薬-桔梗桔梗
生薬-山薬山薬 生薬-蒲黄蒲黄 生薬-神麹神麹
生薬-大豆-淡豆豉大豆黄巻 生薬-麦門冬麦門冬 生薬-阿膠阿膠

適応疾患

動悸 、手足の痺れ、肩凝り、逆上せ、眩暈 、頭重感、高血圧異常 、脳血管障害 、癲癇 、精神疲労、耳鳴り

使用目標

昔から血液循環器系用薬として使われてきた薬です。血圧異常や精神・肉体疲労、脳卒中後遺症予防などに広く使われています。

漢方の証・方意

  • 病位・虚実;陽明病、大量。少陽病、中量。実証~やや虚証
  • 十二臓腑配当;肝・心
  • 方意;疎肝剤、駆オ血剤、人参剤などと似た働きをします。
  • 備考;25種の生薬の粉末を蜂蜜で練って金箔で包んだ丸剤です。

杞菊地黄丸(コギクジオウガン)-医級-をご紹介

生薬-枸杞子-地骨皮

処方薬味

生薬-地黄地黄 生薬-山茱萸山茱萸 生薬-山薬山薬
生薬-澤瀉澤瀉 中国39-生薬-茯苓茯苓 生薬-牡丹皮牡丹皮
生薬-枸杞子-地骨皮枸杞子 生薬-菊花菊花

適応疾患

中心性網膜炎、視神経萎縮、球後視神経炎、白内障

使用目標

目がかすむ、まぶしい、目の乾燥感や痛み、視力減退、頭痛 、頭のふらつきなどの症状が顕著に見られる方に用います。

漢方の証・方意

  • 病位・虚実;太陰病 虚証
  • 十二臓腑配当;腎・肝
  • 備考;六味丸(ロクミガン)に菊花 、枸杞子 を加えたものです。

参考文献・出典

  1. 漢方診療医典 大塚敬節・矢数道明・清水藤太郎 著
  2. 漢方処方 応用の実際 山田光胤 著
  3. 漢方方意ノート 千葉古方漢方研究会 著
  4. 漢方治療百話第1~3集 矢数道明 著
  5. 腹證奇覧 稲葉克文礼 和久田寅叔虎 著
  6. 漢方処方応用のコツ 山田光胤 著
  7. 薬局製剤 漢方194方の使い方 埴岡博・滝野行亮 共著
  8. 勿誤薬室方函口訣 長谷川弥人 著
  9. 漢方診療30年 大塚敬節 著
  10. 皇漢医学 湯本求真 著
  11. 黙堂柴田良治処方集 柴田良治 著
  12. 類聚方広義 吉益東洞 著