「冷え症」の記事一覧

冷え性について

冷え性の原因と治療法。冷え性は、西洋医学では有効な治療法が少ない疾患です。一方、漢方では非常に得意とする分野です。適切な漢方治療をすると殆どの人が改善すると言われています。
blank

冷や汗も少なくなってきました

【男性58歳No.6202】緊張すると手足が冷たいですが、酷くはありません。緊張するのが弱くなり、冷や汗も少なくなってきました。【太陽堂漢薬局から患者さんへ】少しづつ良くなってきて良かったですね。もう少し症状は出ると思いますが、徐々に軽くなると思います。次回は減薬出来ると思います。
blank

体力がついてきた様に感じます

【女性43歳No.7163】手足の冷えは気温が上がったせいもあるかと思いますが、感じなくなりました。あといつも踵がカサカサになっていたのが、クリームを塗ったようにしっとりになり、体重が3キロ減りました。
blank

漢方を飲み始めたお陰です

【女性34歳No.5254】漢方飲む前は冬場は4枚5枚とTシャツ・ニット・フリース・ジャケットと重ね着してましてが、この所7分袖に長袖ニット・ジャケットで外出しても寒いなぁ位で震えが来る事はなく行けてます。
blank

夏でもズボンの下に保温着を着るほど冷える_「かけ橋」掲載分

朝方の血圧が高い婦人から相談を受けた。顏は火照るのだが、夏でもズボンの下に保温着を着るほど冷える。その他、心臓肥大、動脈硬化も併発されている。東洋医学的に、「朝方の血圧上昇」と「脳動脈硬化」は釣藤散証の特徴である。釣藤散は、動脈硬化を改善する漢方薬として学会報告がされており「五志の憂」が原因となる。