ヘモグロビンA1c値が少しずつ下がってきました

糖尿病

糖尿病による痺れ等の合併症。漢方改善例

患者さんから改善のお声。順次掲載
論文、改善例のご案内はこちら

疲れ方が違うような気がします

男性54歳
父の為に送って頂いた滋養強壮のお薬を少し貰って毎朝1カプセル飲んだところ、疲れ方が違うような気がします。
以前、牡蠣肉製剤を薦めて頂きましたが、疲れた時に飲むものがあればまたご紹介下さい。

2007年9月4日

漢方太陽堂から患者さんへ

滋養強壮のカプセルを飲まれて調子が良いようですから、継続されて構いませんよ。カプセルは食後でも良いですし、二つの漢方薬と重ならない空腹時にお飲み頂いても良いですよ。1、2カプセルお飲み頂くと、疲れ予防になると思います。
その他の合数も少しずつですが改善されていましたよ。また、お父様の調子がとても良くなったのですね。短期間ですが本当に良く効いたのですね。私達も嬉しく思います。

糖尿病の血液検査の結果はとても良かったです

男性62歳
いつもお世話になっています。先日の血液検査の結果はとても良かったです。HbA1cの値が6.5になりました。今までで一番良い数値です。本人もとても喜んでいます。
お医者様に、このまま維持するようにと言われたそうです。本当にこの調子が続いてほしいと思います。

2013年10月1日

漢方太陽堂から患者さんへ

とても数値が良くなっていて、こちらも嬉しく思います。努力の結果のおかげですね。糸練功結果も合数は安定して上がっていましたよ。
養生は、前もお伝えしましたが太腿四頭筋を鍛える運動法が一番の養生になります。出来る限り続けるようにして下さいね。
また食養生は、朝にたくあんを食べるとたくあんがナイアシンを含んでいる為インスリンの原料となります。1切れ、2切れで構わないのでぜひお試し下さい。

血糖値も順調に下がってきています

男性65歳
血糖値もヘモグロビンA1Cも順調に下がってきています。

2014年6月11日

漢方太陽堂から患者さんへ

血糖値もヘモグロビンA1Cも順調に下がってきて良かったですね。漢方薬の中には、血糖値を下げる薬味、膵臓の炎症を取る薬味、血流を改善する薬味が組み合わされています。
今まで通り、食事とスイミングでの運動をお続け下さいね。

糖尿病HbA1c値も毎月順調に下がってきています

男性79歳
糖尿病のHbA1cも、腎臓のクレアチニンも漢方薬を飲みだしてから3か月間、毎月順調に下がってきています。今日は腰が少し痛いです。これからも漢方薬を続けていきたいです。

2016年5月6日

漢方太陽堂から患者さんへ

糖尿病のHbA1cも、腎臓のクレアチニンも下がってきて良かったですね。HbA1cは7.7ですが、これが6台まで下がれば大丈夫です。それまで食事や生活にお気をつけ下さいね。
煎じ薬を飲む時に粉薬を一緒に混ぜてお飲み下さい。煎じ薬は少し熱めの方が腰の痛みが取れやすくなります。これからも改善のお手伝いをさせて頂きますね。

後頭部の痛みなどもありません

男性75歳
最近は身体の調子が良く、後頭部の痛みなどもありません。血圧の頓服を飲まなくても済む様になっています。

2016年11月24日

漢方太陽堂から患者さんへ

首や眼、足の症状は血滞、血流の滞りが原因と思われます。お出ししている錠剤をお飲み頂いていると血滞を抑える働きがあります。糖尿病の合併症の予防にもつながります。
心臓部分も毎回確認しておりますので、ご安心下さいね。食事面では、朝食を多く夕食を少なくする事を心掛けて下さいね。

足の痺れも少しずつ良くなってきました

女性58歳
漢方薬を服用してからヘモグロビンA1c値が少しずつ下がってきました。足の痺れも少しずつ良くなってきました。
それとは別に、数ヶ月前から動悸があります。昨年の4月頃に気分の落ち込みがありまして、その頃から動悸が始まりました。

2021年12月22日

漢方太陽堂から患者さんへ

糖尿病にも影響する膵臓に対して、良い養生方法は。
刺激物、香辛料等。辛い物、唐辛子、キムチ等。アルコール、特にビール、クールミント系の飴やガム等を控える事です。膵臓の粘膜に負担をかけます。空腹時に摂るとテキメンに悪化します。何か一口食べてから摂るように心がけて下さいね。また、膵臓の粘膜を守り炎症を抑えるヨーグルトを、症状がある間だけでも毎日摂られる事をお勧めします。
また、動悸についてですが、おそらく、自律神経のバランスにより動悸や息切れが出ていると思います。ストレスが多いと悪化します。今回の漢方薬より、動悸、息切れにも対応しております。その他にも、ご養生として長風呂での発汗、運動、葉物野菜、好きなカラオケ等がとても合っていると思います。

合併症である痺れは殆ど感じなくなりました

女性59歳
糖尿病からきている痺れは殆ど感じなくなりました。

2022年2月15日

漢方太陽堂から患者さんへ

ヘモグロビンA1Cの数値が若干上がっていましたが、一時的な可能性もありますので次回の検査結果も必ずお聞かせ下さいね。糖尿病の養生、血糖値の上昇を防ぐには

  • 腹持ちの良いものを食べる事。腹持ちの良い食材は、米類、イモ類、豆類など原型を留めてる食材です。パン、麺類など加工しているものは腹持ちが悪いです。
  • ちょこちょこ食いを避ける事。
  • 朝昼をしっかり食べ、夜は少ない量の食事。間食も出来るだけ避けて下さいね。
  • 筋肉をつける事。自宅で出来る運動で良いので毎日続けるようにして下さい。大腿四頭筋を鍛えると、身体全体に筋肉がつきやすいです。

漢方薬HbA1cが正常になる方が多いです

女性59歳
前回漢方薬を切り替えて頂いてから、徐々に上がっていたヘモグロビンA1cの数値が少し下がりました。このまま下がる事を祈り様子をみてみようと思います。足先の痺れも殆ど無くなりました。

2022年5月27日

漢方太陽堂から患者さんへ

糖尿病は体質、遺伝傾向が強い疾患です。基本的に治る事は無いと言われています。ですが、漢方治療をすることで血糖値やヘモグロビンA1cが正常に戻り自覚症状等が無くなる方が多いです。
ご養生をしっかりされているので、引き続き、漢方治療と病院での検査で糖尿病をしっかりコントロールしていきましょうね。

痺れはゼロではないが忘れている時もあります

女性59歳
外食の機会が多かった割にHbA1cが下がっていたので少しホッとしました。
痺れはゼロではないのですが、忘れている時もあります。

2022年7月29日

漢方太陽堂から患者さんへ

ヘモグロビンA1cの数値が少し下がって良かったですね。このまま順調に下がると良いですね。
最近、太陽堂の患者様の中で免疫疾患や糖尿病、胃腸障害の方へお勧めしている商品がございます。発酵食品になります。糖の吸収を抑える為、食後の過血糖に対して服用されてます。また、腸内細菌叢を良くする働きもあります。
今回のご提案させて頂きました。ご来局時にでも、また詳しく説明させて頂きたいと思います。

以前よりも喉が渇くと言わなくなりました

男性64歳
お世話になっています。夫の状態ですが、以前よりも喉が渇くと言わなくなったので、具合が良くなったのだと思います。熱心に漢方薬を飲んでいます。

漢方太陽堂から患者さんへ

先月とは変わり症状が落ち着いてきているご様子で安心致しました。合数も1ヶ月間とは思えない程改善しており、ビックリしております。
このままの速度で改善していく様に、このまま糖尿病の治療を進めていきましょうね。漢方薬の変更や薬味の追加などはありません。引き続きお飲み頂き様子をみてお過ごし下さいね。

HbA1cの値は2ヶ月間連続して下がってます

男性64歳
お世話になっています。お蔭様で調子が良いようです。夜間の喉の渇きは、まだありますが、大分和らいだようです。
HbA1cの値は0.1下がって7.3です。まだ高いですが、2ヶ月間連続して下がってこの数値です。お医者様も「もう少しです」と応援してくださっています。
漢方薬は、きっちりと欠かさず飲んでいます。

漢方太陽堂から患者さんへ

HbA1cの数値が少しずつ下がってきている様で安心致しました。そして、口の渇きも同時に改善していっている様で良かったです。
合数は順調に上がっており、体調も良い方向に向かっていますが、ご養生の方は続けて下さいね。
今のご養生と漢方薬があっての今の症状です。ご自分のお身体の為に続けて下さいね。

食事なども気をつけていきます

女性41歳
調子良いです。3日前血糖値の検査したんですが、悪化がなくなりました。
ヘモグロビンA1Cが先月5.4、今月5.0。
来週から7ケ月なので、食事なども気をつけていきます。

漢方太陽堂から患者さんへ

HbA1Cが下がってきましたね。調子も良いご様子で良かったです。
来週7ヶ月目に入るとの事、妊娠中毒症予防の為にも沢山歩くのが良いですよ。お身体を動かして下さいね。