食養生の食材の応用_No.1

2020年11月11日;(写真は博多の氏神、総鎮守の櫛田神社、境内です)
東洋医学の理論の中に「五気(ゴキ)」と言う概念があります。
五気は食材や漢方薬が身体を温めるか冷やすかの目安です。熱、温、平、涼、寒の五段階に分けます。

「八綱分類(ハッコウブンルイ)」と言う体質や病態を見分ける理論が有ります。
、五気である「寒熱」。
、水分の状態である「燥湿」。
、身体を守り免疫力を上げる治癒力の正気(セイキ)の虚と、病の勢いである病邪の実の概念である「虚実」。
この3つの指標を組み合わし八綱分類が出来あがります。
(「燥湿」ではなく「表裏」の概念を組み合す八綱分類も有ります。)

寒熱、燥湿、虚実を組合せ、「燥、寒、虚証」「燥、熱、実証」など8種類の体質、病態に分けられます。

寒熱、燥湿、虚実は、病性と言われ病の性質を表します。
収散、升降の概念は、病向と言われ病の向きを表します。

病向の例を挙げると
高血圧は升の病向ですので、降の食養生、漢方薬が合います。
便秘は升、収の病向ですので、逆の降、散の食養生、漢方薬。
下痢は降、散ですので、升、収の食養生、治療が適します。

病性の例を挙げると
高血圧や肝炎などに使用される大柴胡湯証は燥、熱、実ですので、反対の湿、寒、瀉の食養生、漢方薬が合います。
婦人科や不妊症に使用される当帰芍薬散証は湿、寒、虚ですので、反対の燥、熱、補の食養生、漢方薬が合います。