西洋の食養生、食文化

2020年11月2日;(写真は福岡市。シーサイド百道の夕陽です)
今回は西洋に残されている食養生、食文化の記録を幾つかご紹介します。

  1. 旧約聖書の「ダビデの詩篇51」
    ヒソップで吾の罪を清めよ。吾が身が雪より白くなる様に洗え
    ヒソップはシソ科のヤマギハッカです。浄血剤で、血毒を浄める働きです。
    皮膚病には外用として洗顔や浴用剤としても使用します。
    他の効能としては利尿、緩下、去痰、整腸作用がある生薬です。
  2. 旧約聖書の「アダムとイブの禁断の果実」
    エデンの園で過ごしたアダムとイブは、裸の身体をイチジクの葉で隠して過ごしました。
    神から禁じられていた禁断の木の実(リンゴ、イチジク)を食べてしまい、エデンの園から失楽園。追放されます。
    イチジクには便秘に対し緩下作用(イチジク浣腸)、消化促進の働きが有ります。
  3. 新約聖書の「テモテヘ への第一の手紙5章の23」
    水ばかり飲まないで、胃のためにまた、度々起きる痛み病気のために、少量のぶどう酒を飲みなさい
  4. 医学の父と呼ばれる古代ギリシャ(B.C.5世紀)のヒポクラテスの言
    病は血の汚れから生じる

次回は日本の食養生、食文化です。