麻杏薏甘湯、麻子仁丸、木防已湯、熊胆円、薏苡仁湯

日本漢方の古方派を中心とした漢方薬、処方をご紹介します。
一般の方から専門家まで馴染めるよう、改善例、処方薬味、適応疾患、使用目標、漢方の証、方意をご紹介。

麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ)-金匱要略-

処方薬味

生薬-麻黄麻黄 生薬-杏仁杏仁 生薬-薏苡仁薏苡仁
生薬-甘草甘草

適応疾患

筋炎、筋肉リウマチ、関節リウマチ、関節炎、変形性関節炎、疣贅、汗疱、進行性指掌角皮症、諸種神経痛、水虫、湿疹、喘息症状

使用目標

発熱して特に夕方熱が上がり、諸関節や筋肉が腫れて痛む方に用います。この腫脹は特に強いものではなく、痛みも割合緩和です。

漢方の証、方意

  • 虚実;少陽病、実証
  • 十二臓腑配当;手の関節筋肉の腫れ、四肢の疼痛、浮腫。燥証としての午後のほてり、皮膚の枯燥、フケ。表の寒証としての悪寒、発熱
  • 備考;麻杏ヨク甘湯証は、汗が出た後、風に当たり、長い間身体を冷やしたために起こることが多いです。これを東洋医学の言葉では、「風湿」といいます。この風湿により関節が腫れて激痛があるものには蒼朮、附子を加えると効果を示します。

麻子仁丸(マシニンガン)-傷寒論-をご紹介

生薬-麻子仁

処方薬味

生薬-麻子仁麻子仁 生薬-芍薬芍薬 中国47-生薬-枳實・枳殻枳実
生薬-杏仁杏仁 生薬-蜂蜜蜂蜜 生薬-大黄大黄
生薬-大黄厚朴

適応疾患

常習便秘

使用目標

老人や虚弱体質の方の便秘に用います。

漢方の証、方意

  • 病位、虚実;少陽病、虚証
  • 十二臓腑配当;心、三焦
  • 方意;燥証と裏の実証による兎糞状便、便秘、皮膚枯燥。腎の虚証による疲労倦怠、頻尿、夜間頻尿

木防已湯(モクボウイトウ)-金匱要略-漢方薬をご紹介

生薬-防已

改善例

病名、呼吸困難、動悸、息切れ/76歳、女性

1年前から時々呼吸困難がおこり、動悸、息切れが甚だしく、2ヶ月前からは呼吸が普通に出来なくなり、横になって寝られなくなった。患者は青い顏をしてやせ衰え、苦しそうな息をしていた。冷え性で口渇があり、昼間は尿が少なくて、夜は5.6回尿利がある。脈は細く不整。心臓はかなり肥大し、心音は不純。

これは木防已湯の証である。病気がかなり重く予後は悪そうに思えたが、増損木防已湯を投与。2週間もすると呼吸が楽に焉、横に寝られるようになった。

処方薬味

生薬-防已防已 生薬-石膏石膏 生薬-桂皮桂皮
生薬-人参人参

適応疾患

代償失調になった心臓弁膜症、諸種心臓疾患、心不全、下肢浮腫、心臓神経症、狭心症、心筋梗塞、心臓喘息、気管支喘息腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全妊娠腎、脚気、アジソン病、黒皮症

使用目標

呼吸促迫して咳も出る方、息苦しくて横になれず、浮腫がある方に用います。

胸は詰まって苦しく、少し体を動かすと息切れしてつらくなり、喘鳴があり、心下部が冷えて硬く、顏色は貧血性で薄黒く、脈は沈緊である方に用います。

腹部は上腹部全体が固く板を張ったようになります。喉が渇き、尿利が減少し、夜寝ると尿意が起こります。

漢方の証、方意

  • 病位、虚実;少陽病、実証
  • 方意;上焦の水毒:心下痞硬、胸内苦悶感、呼吸困難

熊胆円(ユウタンエン)をご紹介

生薬-牛黄-牛胆

処方薬味

生薬-赤芽柏アカメガシワ赤芽柏 生薬-黄柏黄柏 生薬-アロエアロエ
生薬-牛黄-牛胆牛胆 生薬-人参人参 生薬-大黄大黄
生薬-黄連黄連

適応疾患

吐き気、二日酔い、悪酔、むかつき、胃弱、整腸、食欲不振、腹部膨満感、消化不良、食べ過ぎ、飲みすぎ、胸やけ、もたれ、胸つかえ、嘔吐、軟便、便秘

使用目標

飲む前、飲んだ後や、食べすぎ、消化不良に用います。胆石、胆砂のある方の消化不良やもたれ、胸つかえにも用います。

漢方の証、方意

  • 病位、虚実;実証~中間症
  • 十二臓腑配当;胆

薏苡仁湯(ヨクイニントウ)をご紹介

生薬-薏苡仁

処方薬味

生薬-麻黄麻黄 生薬-当帰当帰 生薬-白朮、蒼朮白朮
生薬-薏苡仁薏苡仁 生薬-桂皮桂皮 生薬-芍薬芍薬
生薬-甘草甘草

適応疾患

多発性関節リウマチ、漿液性関節炎、結核性関節炎、筋肉リウマチ、脚気、変形性関節炎、筋炎、腱鞘炎

使用目標

四肢の諸関節や筋肉の痛みのある方に用います。熱感、腫脹、疼痛があり、慢性化に移行しようとする方にもに用います。

漢方の証、方意

  • 病位、虚実;少陽病、虚実中間から虚証
  • 方意;水毒による関節筋肉の腫痛、または、水太り、浮腫に対する方剤です。
  • 備考;急性期の関節炎には麻黄加朮湯(マオウカジュツトウ)、麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ)を用います。

参考文献、出典

  1. 漢方診療医典、大塚敬節、矢数道明、清水藤太郎著
  2. 漢方処方応用の実際、山田光胤著
  3. 漢方方意ノート、千葉古方漢方研究会著
  4. 漢方治療百話第1~3集、矢数道明著
  5. 腹證奇覧、稲葉克文礼、和久田寅叔虎著
  6. 漢方処方応用のコツ、山田光胤著
  7. 薬局製剤漢方194方の使い方、埴岡博、滝野行亮共著
  8. 勿誤薬室方函口訣、長谷川弥人著
  9. 漢方診療30年、大塚敬節著
  10. 皇漢医学、湯本求真著
  11. 黙堂柴田良治処方集、柴田良治著
  12. 類聚方広義、吉益東洞著