多くの漢方治療歴

太陽堂漢薬局の多くの患者さんからの漢方治療歴です。

患者さんからの、改善のお声を順次掲載しています。

諦めずに、希望を持って、一緒に考えましょう。

【 痔瘻 】と漢方薬治療による取組み

男性39歳No.2477

痔瘻の2つのクレーターはほぼ無くなり、その時の傷跡と小さな穴一つを残すのみです。膿はかなり少なくなりました。膿は少量ではありますが出続けています。そして、穴はまだ塞がる兆候は見られません。

それにしても症状は当初に比べると大変良くなったと実感しております。合数に期待したいと思います。

太陽堂漢薬局から患者さんへ

2つのクレーターが無くなったのですね。良かったですね。膿は穴がふさがって中に溜まるよりも、出ている方が良いのですよ。

膿は糸練功の合数が改善しても出て来ると思います。その頻度は減ってくるかと思います。引き続き養生して行きましょうね。

痔瘻(痔ろう)の原因と治療 >>

痔瘻(痔ろう)の治療で元気で体調が良くなったようです

風景76

男性29歳No.143

漢方薬が効いたのか、飲み始めてからハードワークや寝不足が続いているのに元気で、全体的に体調が良くなったようです。

腫れは相変わらずありますが、常に外に出ている状態ではないです。痛みも出血も殆どなく、少し膿が出ることがある程度です。

太陽堂漢薬局から患者さんへ

全体的に調子が宜しいようで良かったですね。膿の量も少なくなってきたようで良かったですね。ただ、まだ状態的には不安定な合数の位置にありますので漢方薬の飲み忘れには気を付けて下さい。

煎じ薬がどうしても無理がある場合は、粉やカプセルなどの代用も考えてみますね。

痔瘻(痔ろう)-ちょっと良くなったような気がします

男性31歳No.904

違和感はまだまだありますが、ちょっと良くなったような気がします。

太陽堂漢薬局から患者さんへ

合数も順調に改善されていますよ。症状の変化も感じられているようで良かったですね。

最後までご一緒に治していきましょうね。

腫れが小さくなり楽になってきた

男性54歳No.2433

特記する変化はありませんが、なんとなく腫れが小さくなり楽になってきたような気がしています。

下痢の症状が少し改善されてきています。長い間悩まされてきたので喜んでいますが、今頂いている漢方薬にそのような効能もあるのでしょうか?

太陽堂漢薬局から患者さんへ

なんとなく腫れが小さくなってきたのですね。また下痢の症状も改善されて来たとの事で良かったですね。

今の漢方薬に直接下痢に働くものはありませんが、今の漢方薬は体に元気を付けるような働きもありますので、総合的に下痢症状が改善したのかもしれませんよ。

痔瘻(痔ろう)-しこりは早い段階から無いようです

男性12歳No.1288

いつもお世話になっております。しこりは早い段階から無いようです。しかし、しこりに繋がっていた部分が手で触ると筋のようになっています。

健康250

太陽堂漢薬局から患者さんへ

しこりは随分と前から無くなられているのですね。ろう管は膿が溜まっていた所ですので、次第に無くなっていくと思いますが、時間が掛かると思います。

調子は良いようですね。疲れを溜めず、野菜を取り入れた食事をしましょうね。

以前のような強烈な痔瘻(痔ろう)の痛みはありません

男性42歳No.1498

月に2、3回は肛門の奥に痛みがあり圧迫されたような感じがして、少量の膿と排便時に少量の血がついている場合があります。

全般的には、以前のような強烈な痛みはありません。

太陽堂漢薬局から患者さんへ

全般的に痛みが和らいできたようで良かったですね。まだ低いところに反応がある為、漢方薬を飲み忘れますと症状が強くなったり、どうしても逆戻りし易くなります。

漢方薬は出来るだけ切らさずに毎日お飲み下さいね。甘いもの、もち米、長風呂は控えめにして下さい。

痔ろう(痔瘻)-少しずつ漢方薬が効いているのを実感しています

男性29歳No.2139

腫れが出ることもほとんど無くなりました。

少しずつ漢方薬が効いているのを実感しています。

太陽堂漢薬局から患者さんへ

腫れが出ることも殆ど無いということで何よりです。合数も順調に改善していますのでご安心下さい。

但し、この辺りの合数は良い状態と悪い状態の波がありますのでもう一度養生を確認して下さい。また良い状態の時は漢方薬の飲み忘れが多くなりやすいですのでご注意下さい。

今回で痔瘻の治療は終了となります

男性65歳No.3836

特に問題はありません。今のところ安定しています。

Date:2017/02/03

太陽堂漢薬局から患者さんへ

こんにちは。症状は落ち着いて過ごせておりますね。

本日、痔瘻に使用している漢方薬の分量が1/20量となっていました。今回の化膿を良くする粉剤と抗菌作用のある生薬末で痔瘻の治療は終了となります。長い間漢方治療をお続け頂く事も大変だったと思います。下痢の原因となる胆石・胆砂を流す煎じは今後も続けて頂くと便の状態も安定して過ごせます。

漢方薬を飲まれなくなっても、規則正しい生活をされて下さいね。また、医食同源という言葉がございます。医(漢方薬)と食(食事)は源が同じと言う事です。この言葉には色々な意味がございますが、病気を再発されない為には漢方薬同様、食事が大事です。これからも食事の面で様々な事をお気をつけ下さいね。

最後に

当薬局では、治療を継続中あるいは検討中の方に少しでも勇気と希望を持っていただきたく、漢方治療歴を順次掲載しています。

諦めずに! 1人じゃないですよ!希望を持って、一緒に病を治していきましょう。

痔瘻(痔ろう)の原因と治療 >>

相談のご案内