患者さんとの「かけ橋」です。漢方相談

太陽堂漢薬局の患者さんに、毎月お配りしています。

漢方治療を少しでも御理解して頂きたく、太陽堂漢薬局での実際の症例を毎月御紹介致します。 患者さんにとって、少しでも御参考・励みになれば幸いです。

(注;東洋医学で言う臓腑経絡は、西洋医学の内臓とは異なります。)

【 自律神経失調症 】と漢方症例報告

自律神経失調症-鬱症状の伴う不定愁訴 2001年4月

(昭和31年生、No.2055)

自律神経失調症による不定愁訴を訴えての相談を受けた。現在病院で安定剤の投薬を受け服用しているが、良くならないとの事で相談に来られた。

患者さんは多彩な症状を訴えられた。不眠症、両方の肩こり、立ち眩み、足がガクガクする、疲労感、車を降りると動悸がするなどである。生理痛があり、便秘がちである。手掌は発汗し交感神経の興奮が強いと思われる。また朝方は調子が悪く鬱証に特異の日内変動が見られた。

問診・望診の結果、眼瞼粘膜は充血し、口乾がある。便秘がちで尿の回数が少なく、舌診ではやや潤、微白苔。少陽病位虚証と思われる。

糸練功(気功)で調べると、東洋医学の腎の臓に五志の憂(自律神経の異常)、三焦の腑に便秘、肺の臓に生理痛を各々確認した。生理関係と自律神経に関係が認められないため、治療は腎の臓だけとした。

腎の臓1合Ⅴ。自律神経の異常を改善する煎じ薬を主方に、Bミネラル製剤を補助として投与。

15日後、 2.5合Ⅱに改善。

1ヶ月後、 4合Ⅰに改善。症状の改善が少しづつ始まる。

1ヵ月半後、病院から投薬されている安定剤の服用を本人が中止したと仰った。

3ヶ月半後、少しフワフワする眩暈があるとの事。

4ヵ月後、 7合+(2)に改善。非常に調子が良くなってくる。

10ヵ月後、 10合±に改善。以前の症状は消失し、ほぼ自律神経失調症の治療終了となる。

最後に

東洋医学の治療は、西洋医学と異なり体質改善や原因療法の傾向が強いです。それだけに、効果の出る時間に個人差があります。「かけ橋」・「多くの漢方治療歴」が、患者さん同士の希望に繋がることを願っています。

自律神経失調症の原因 >>