気血両虚 肝が虚すれば脾を実すべし

2022年6月30日;(写真は 久住 タデ高原 です。)

気血両虚の考え方 から続く

金匱要略(キンキヨウリャク)、臓腑経絡先後病脈証篇(ゾウフケイラクセンゴビョウ ミャクショウヘン)に「夫れ未病(ミビョウ)を治す者は、肝の病を見て脾に伝うるを知り、当に脾を実すべし」と治療原則が書かれています。
肝が虚している時は、脾を実すべしと書かれています。
同様に脾が虚している時は、腎を補い実します

脾の気虚(キキョ)の場合は、腎を補うのが基本です。
八珍湯(ハッチントウ)証は腎虚(ジンキョ)による血虚(ケッキョ)ではありません。
脾の気虚が著しく、さらに脾の血虚が強い状態が八珍湯証の気血両虚(キケツリョウキョ)になります。

八珍湯を記載の
外科発輝、正体類要、勿誤薬室方函・口訣、重訂古今方藁、方読弁解などの古典にも八珍湯証の脾虚による気血両虚の症状と治法が書かれています。
脾虚による気血両虚の時に、腎を補うのが八珍湯、十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)になります脾虚による血虚を補うための四物湯(シモツトウ)で、腎虚のためではありません。

浅田宗伯(アサダソウハク)の勿誤薬室方函(ブツゴヤクシツホウカン)には、八珍湯「治肝脾傷損」と記載されています。四物湯の中の地黄ではなく、当帰(トウキ)の存在が大きくなることが伺われます。

同様な治療法は当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)でも見られます。
当帰芍薬散は肝に属します。
処方内容は四物湯去地黄ジオウ(当帰、芍薬シャクヤク、川芎センキュウ)加澤瀉(タクシャ)・白朮(ビャクジュツ)・茯苓(ブクリョウ)です。
当帰が肝に属し、婦の相剋(ソウコク)の脾を白朮・茯苓で補っています。

病で犯された臓腑が分かり治療点の臓腑が判明すると、養生法が分かり、補助剤が選択できます。