気血両虚

2022年6月30日;(写真は、久住タデ高原です。)

※先日、九州の伝統漢方研究会でお話した内容です。

気血両虚の考え方

気血両虚(キケツリョウキョ)と言う漢方概念があります。
代表的な処方に八珍湯(ハッチントウ)があります。
十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)は八珍湯に黄耆(オウギ)と桂皮(ケイヒ)を加えた加味方です。

八珍湯

八珍湯は脾の四君子湯(シクンシトウ)と腎の四物湯(シモツトウ)の合方です。(脾と腎は東洋医学の臓腑機能であり、解剖学的な臓腑ではありません)

四君子湯は脾の気虚(キキョ)に使われます。四物湯は腎の血虚(ケッキョ)に使われる処方です。
その為、八珍湯は、脾の気虚(四君子湯)プラス腎の血虚(四物湯)の気血両虚の方意と考えられています。

間違いではありませんが、これは現代薬理学的な考えに基づく発想です。
例えば総合感冒薬は、解熱剤と咳止めと抗ヒスタミン剤を合わせます。熱にも咳にも鼻炎にも効くと考えるのと同じ発想です。
間違いでは無いですが、東洋医学は更に奥の深い理論で効果を求めていきます。

賊邪の意味

黄帝内経(コウテイダイケイ)難経(ナンギョウ)五十難(ゴジュウナン)に「夫と同族の邪(ジャ)が婦を犯す時、賊邪(ゾクジャ)也」とあります。
例えば夫は肝、相剋の(ソウコク)脾は婦になります。
同様に、脾(四君子湯証)が夫の場合、腎(四物湯証)が婦になり相剋です。

また脈経(ミャクキョウ)には「賊邪は大逆となす。十死治せず」と記載されています。
脾(四君子湯証)と同属の邪が原因で腎(四物湯証)が病むと賊邪、十死治せずです。

肝が虚すれば脾を実すべし

金匱要略(キンキヨウリャク)、臓腑経絡先後病脈証篇(ゾウフケイラクセンゴビョウ、ミャクショウヘン)に「夫れ未病(ミビョウ)を治す者は、肝の病を見て脾に伝うるを知り、当に脾を実すべし」と治療原則が書かれています。
肝が虚している時は、脾を実すべしと書かれています。
同様に脾(四君子湯証)が虚している時は、腎(四物湯証)を補い実します

脾の気虚(キキョ)の場合、賊邪相剋の腎を補うのが基本

八珍湯(ハッチントウ)証は腎虚(ジンキョ)による血虚(ケッキョ)ではありません。
「脾の気虚」が著しく、さらに「脾の血虚」が強い状態が八珍湯証の気血両虚(キケツリョウキョ)になります。

古典の中の八珍湯

八珍湯を記載の
外科発輝、正体類要、勿誤薬室方函、口訣、重訂古今方藁、方読弁解などの古典にも八珍湯証の脾虚による気血両虚の症状と治法が書かれています。

脾虚による気血両虚の時に、腎を補うのが八珍湯、十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)になります。脾虚による血虚を補うための四物湯(シモツトウ)で、腎虚のためではありません。

浅田宗伯(アサダソウハク)の勿誤薬室方函(ブツゴヤクシツホウカン)には、八珍湯「治肝脾傷損」と記載されています。四物湯の中の地黄ではなく、当帰(トウキ)の存在が大きくなることが伺われます。

当帰芍薬散は四物湯の加減方にあらず

同様な治療法は当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)でも見られます。
当帰芍薬散は、四物湯去地黄合四君子湯の方意と言われています。

当帰芍薬散は肝に属します。
処方内容は、当帰、芍薬(シャクヤク)、川芎(センキュウ)、澤瀉(タクシャ)、白朮(ビャクジュツ)、茯苓(ブクリョウ)です。
当帰が肝に属し、婦の相剋(ソウコク)の脾を白朮、茯苓で補っています

病で犯された臓腑が分かり治療点の臓腑が判明すると、養生法が分かり、補助剤が選択できます。

十全大補湯。黄耆の補気作用

薬用人参と黄耆(オウギ)は、共に補気(エネルギー、活力)の代表的漢方薬です。
しかしその作用には大きな違いが有ります。

本草学の古典を見ると

薬用人参

人参は、薬徴(ヤクチョウ)には「心下(シンゲ鳩尾)痞硬(ヒコウ)を主治する
訂補薬性提要(テイホヤクセイテイヨウ)には、「大いに元気を補い、、、血脈を通ず
古方薬議(コホウヤクギ)には、「中(胃腸)を調え、気を治し、、、
とあります。

胃腸を強め、気(エネルギー)を増し(造り)補気します。

黄耆

黄耆は、薬徴には「肌表の水を主治
訂補薬性提要には、「表を固め
固表(身体の体表を強く密にする)の働きで、様々な気血水(東洋医学では、この3要素で身体が構成されていると考えます)の漏れを防ぎます。

気の漏れも防ぎますので、気(エネルギー)が蓄えられ、結果的に補気に成ります。
そして「補薬の長」と呼ばれるようになります。

黄耆の固表とは

黄耆の固表の働きの例です。

水分が汗として漏れ生じる汗疹(アセモ)に、桂枝加黄耆湯(ケイシカオウギトウ)
皮膚に水分が漏れ水泡になるストロフルスに、桂枝加黄耆湯
耳の中に水分が漏れ生じる滲出性中耳炎に、桂枝加黄耆湯
関節の中に水分が漏れ溜まる関節症に、防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)
内臓が外に漏れて出来る腹壁ヘルニアに、黄耆建中湯(オウギケンチュウトウ)
腎炎の糸球体からの漏れに、黄耆加味

人参と黄耆の違い

「胃腸を強め、気を造る薬用人参」
気の漏れを防ぎ、気を蓄える黄耆
でした。
※黄耆は薬膳料理のスープのダシにも使われます。少し甘みが有り美味しいです。