漢方とアトニー型・カタル型

2022年9月23日;(写真は 大分県豊後大野市 水車 です。)

胃アトニーと言う用語があります。
アトニーとは筋肉の緊張、収縮力が失われた状態です。
身体の胴が細く、筋肉も弛緩タイプの人に多いです。内臓下垂や胃腸の動きも悪い事が多いです。
適応薬味は白朮(ビャクジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、人参(ニンジン)などです。
漢方では虚証(キョショウ)または陰証(インショウ)と考えられる体質・病態になります。

一方、カタルは粘膜にて滲出性の炎症の状態です。分泌物が多く炎症性疾患です。
目ヤニを伴う結膜炎や胃カタルなども炎症性疾患です。
筋肉緊張タイプの人で、胃腸機能が亢進している人に胃カタルが生じやすいです。
黄連(オウレン)、黄芩(オウゴン)などの瀉心湯(シャシントウ)類や牡蠣(ボレイ)などが適応します。
漢方では実証(ジッショウ)または陽証(ヨウショウ)の状態です。