糖尿病と合併症 – 漢方相談

糖尿病は体質的・遺伝的傾向が強いお病気です。原則として一生治ることはないと言われています。しかし漢方治療をすると尿糖や血糖値、HbA1Cが正常に戻り自覚症状も消失する方も多いです。

糖尿病が恐いのではなく、合併症・余病が恐いのです。漢方薬で合併症を防ぎます。

◆インシュリンの働き

糖尿病は、血液中の血糖(グルコース)が高い状態(高血糖)が続く病態です。また高血糖が尿まで溢れてくるため「糖尿病」と言われるようになりました。

インシュリンは、すい臓のランゲルハンス島で造られます。インシュリンは、レセプターを刺激し、血液中の糖分を筋肉中のTCAサイクルにてエネルギーとして燃焼消費する働きがあります。

グルカゴン

血液中の高血糖にてインシュリンの分泌が促進されると、グルカゴンが抑制されます。グルカゴンは脂肪分解酵素のリパーゼを動かし、体脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解しエネルギーとして消費する異化ホルモンです。

グリコヘモグロビンHbA1C

ヘモグロビンと糖が結合しグリコヘモグロビンHbA1C(ヘモグロビンエーワンシー)が出来ます。HbA1Cは、1日の間に変動する血糖数値より、割合に平均的な状態を捉えますので高血糖の状態が分りやすいです。

1型糖尿病(インシュリン依存型)

小児期や若年性で発病する先天性の糖尿病です。インシュリンの自己産生不足のため、インシュリンを補わなければなりません。

2型糖尿病(非インシュリン依存型)

中高年で発病、食事や生活、妊娠後等の後天性糖尿病です。インシュリンが出ていても十分に筋肉や肝臓で働かず、肥満や運動不足等により血糖値が下がらなくなります。

◆糖尿病の症状と合併症・余病

血中のブドウ糖量が増加すると、尿にも糖が出始めます。糖尿病は、口渇、疲労感、性欲減退、外陰部掻痒、化膿、多尿・頻尿、白内障等の症状を伴います。

糖尿病で最も問題となるのが合併症です。主に血管障害にて以下の合併症が多いです。

糖尿病性網膜症

糖尿病で侵され易い毛細血管が非常に多く集まっているのが、目の網膜です。網膜から出血し最悪の場合は失明します。西洋医学ではレーザーで焼き凝固させます。東洋医学では、糖尿病性網膜症の治療は得意な分野です。漢方治療をしていると、以後は網膜からの出血が無くなる人が多いです。

糖尿病性腎症

腎臓の毛細血管が集まる糸球体が障害されると、糖尿病性腎症となります。進行すると最終的には透析が必要となります。

糖尿病性神経障害

足の裏を中心とした痺れや知覚神経障害が生じます。知覚麻痺があると少しの傷等に気付かない場合も多いです。傷から細菌感染をすると、糖尿病にて免疫力が落ちているため糖尿病性壊疽を引き起こすことがあります。

日頃より、手足の末端に傷や怪我等が無いか、定期的に自己チェックが必要です。

◆糖尿病の漢方治療

漢方では糖尿病のことを「消渇(ショウカチ)の病」と言います。比較的初期の場合、口渇等の症状がある時期なら漢方治療で改善する人が圧倒的に多いです。

ある程度進行した場合は、血糖値、HbA1Cはなかなか下がりませんが、症状が改善する人は多いです。特に網膜症の手術を繰り返ししている人でも、手術をしなくて良くなる人も多いです。

東洋医学では血管障害を防ぐ漢方薬があります。糖尿病が恐いのではなく、合併症・余病が恐いのです。血管障害を防ぎ合併症を最小限に抑えれば、糖尿病は恐くありません。

糖尿病 症例・多くの治療歴 コチラから >>>