漢方専門・福岡県博多 | 漢方太陽堂漢薬局

お電話でのご予約:092-263-3590

9時~18時 日・月・祝日定休

メールでのお問合せ

後縦靭帯骨化症・OPLL

blank

後縦靱帯骨化症(OPLL)に対する漢方治療の効果_論文発表

後縦靭帯骨化症ossification of posterior longitudinal ligament(OPLL)は脊柱を縦走する後縦靭帯が骨化し増大伸展する病気です。その結果、脊髄の入っている脊柱管が狭くなり、脊髄と脊髄から分枝する神経根が圧迫され知覚障害や運動障害等の神経障害を引き起こします。また黄色靱帯骨化症(OYL)や前縦靱帯骨化症(OALL)を合併しやすいです。
blank

日本の漢方古方派理論に基づく後縦靭帯骨化症の治療_論文発表

日本漢方古方派理論に基づき後縦靭帯骨化症(OPLL)の治療を試み、幾つかの知見を得たので報告する。1999年10月、木下は同症の漢方治療を初めて経験した。患者は当時57歳の女性で下肢麻痺があり歩行にも不自由していた。漢方治療開始1ヵ月後、首から肩への凝りと痛みが改善、8ヵ月後には下肢の麻痺も消失し歩行も自由となった。