心不全と心臓肥大の原因と治療法

心不全と心臓肥大 - 漢方相談

心機能の低下。心不全と心臓肥大の種類を知りましょう。

心臓肥大には、激しいスポーツ等で起きる正常な心臓肥大と、加齢等により心臓が弱って起きる病的な心臓肥大・心不全とがあります。

心臓肥大・心不全は、加齢以外に、心筋梗塞、心臓弁膜症、高血圧、肥満等が原因と成って引き起こされることがあります。

心不全傾向を示す心臓肥大では、息切れや不整脈、尿量減少、浮腫み等を伴う場合が多いです。しかし、なかには無症状の人もいます。

心不全・心肥大の心臓の健康状態

心臓の心室から分泌されるBNPという心筋を保護するホルモンを測ると、心臓の健康状態が判ります。BNPが200を越すと心不全の可能性が高く成ります。

◆心不全と心臓肥大に対応する漢方薬

心肥大や心不全には、漢方では古くより、木防已湯・茯苓甘草湯・茯苓杏仁甘草湯など有名な漢方薬が多いです。

漢方薬には、BNPが高い心臓肥大・心肥大や心不全に適応する漢方薬、浮腫みが強い心臓肥大・心肥大や心不全に合う漢方薬など多数があります。

心臓の状態に応じ、様々な漢方薬を用い漢方治療をしていきます。

木防已湯 - 心不全と心臓肥大の第一選択処方

心不全の傾向のある時にしばしば用いられる薬方です。割合に体力があり、腹診では心下痞硬があります。チアノーゼ、浮腫、呼吸促拍・呼吸困難、喘鳴、尿利減少のある者を目標とします。夜に寝ると尿意を催す人もいます。少し身体を動かしても息切れが酷いタイプです。

浮腫は腎臓性浮腫と異なり、身体下部に多い浮腫で心臓性のものです。また肺水腫やうっ血による肝臓肥大などが見られることもあります。

加味方として増損木防已湯は、紫蘇子、桑白皮、生姜を加えます。慢性化した場合に使用します。

同じく加味方の木防已湯去石膏加茯苓朴消湯は、一旦改善したにも関わらず、再び悪化した場合に用います。

変製心気飲

尿不利にて浮腫が酷いのを本来は目標とします。しかし浮腫が無い人に用いても良いです。動悸、息切れがあり、息が苦しく横臥できない人。気分が憂鬱で頭痛や頭重感のある人。肝臓が肥大している人もいます。

浅田宗伯は

「本方は分心気飲の変方であって、胸膈心下の水欝が目標で、その源は支飲より種々に変化した症に用いて効がある」

と言っています。支飲は「喘鳴があり呼吸促拍で息切れがして横に成れない」状態の事を言います。

木防已湯で効果のない人に、変製心気飲を用いると奉功することがあります。逆にこの薬方で効果が無い時に木防已湯で良くなる方もいます。

茯苓甘草湯

口の渇きは無く、尿の不利と浮腫みがあります。動悸がして手足が冷える方が多いです。東洋医学では、「口渇が無く手足が冷えて動悸がするのは水毒の動揺」によるとされています。口渇がある場合の浮腫みには五苓散を使用します。

茯苓甘草湯に竜骨、牡蠣を加味すると効果が上がることがあります。

茯苓杏仁甘草湯

虚証で症状が激しく、呼吸促拍、咳、浮腫が酷く、胸が塞がったような感じがします。胸痛、背痛のある人もいます。

本方は胸痺「胸中に気が塞がり呼吸促拍する」の主方です。3味の淡白な処方ですが、呼吸が楽になり意外に効くことがあります。

六君子湯

胃腸が弱く、食が細く、貧血がちで筋肉が弛緩している人に用います。浮腫があり、手足がだるく、呼吸促拍し疲れやすいです。四君子湯証の気虚に痰飲(水毒)が加わった証で、四君子湯に半夏、陳皮を加え、より消化力に優れ水毒を除く力も強いです。

貧血が強ければ、当帰、黄耆を加味します。浮腫が酷ければ、厚朴、香附子、木香を加味します。

九味檳榔湯

下半身の浮腫と息切れが目標です。太り気味であるが、筋肉は強くなく緊張を欠いています。動悸、息切れがあり、下半身の浮腫みの傾向が強いです。

浅田宗伯は「この方は、和方の七味檳榔湯から枳実を除き、厚朴、木香、紫蘇を加えたもの」と言っています。厚朴、木香、紫蘇はいづれも気剤で水分の停滞を除きます。

浅田流では、九味檳榔湯加呉茱萸茯苓にて用います。

四君子湯

漢方では「気虚」のメイン薬方になります。消化機能が衰え、顏色が蒼く痩せて体重が増えない、言語にも力が無い人。胃腸だけでなく心臓の筋肉も衰えてきた心不全に使用します。

心不全では、四君子湯に陳皮、半夏、当帰、黄耆を追加し使用します。

柴胡桂枝乾姜湯

見た目は、さほど重症には見えないが、体質が虚弱で体力が衰え衰弱し、貧血、動悸、息切れがあり、冷え症で神経過敏な人が多いです。脈の結滞を伴う人もいます。この薬方で心不全が改善しても暫くは安静を保たないといけません。

心臓にこの薬方を用いる時は、呉茱萸と茯苓を追加し用いることが多いです。