太陽堂漢薬局の多くの患者さんからの漢方治療歴です。

患者さんからの、改善のお声を順次掲載しています。

諦めずに、希望を持って、一緒に考えましょう。

多くの漢方治療歴

男性56歳No.4877

最近の検査でGOT56→19、GPT48→25、γGPT171→54。尿酸値8.3→6.9、すべて基準値に入りました。

漢方薬のお陰だと思います。尿酸値がここ数年、高位で推移していると言われました。酒は飲まないのでストレスだと思います。

Date:2013/10/08

太陽堂漢薬局から患者さんへ

こんにちは。脂肪肝の数値が正常内に戻りこちらも嬉しく思います。

糸練功結果も安定して上がっていますよ。漢方薬も変わりありませんので、続けてお飲み頂き様子を見ながらお過ごし下さいね。合数や数値が良くなる事で、ご養生など気を抜かない様にお気を付け下さいね。

尿酸値になりますが、上がってしまったみたいですね。出来る限りストレスがかかからない様にお気をつけ下さい。

もし気になる様でしたら、漢方薬のご提案、糸練功結果をお伝えする事が出来ますので、その時はご連絡下さいね。

ご養生方法をお付けしておきますので、ご参考にされて下さいね。

漢方養生134

痛風の原因のプリン体は、細胞中の遺伝に関与する「核酸」の成分で、全ての生物に含まれています。

また細胞数が多いほどプリン体が多く、食品では精巣、卵巣、内臓、乾燥し細胞が凝縮されている干物など注意が必要です。

女性は、ホルモンの関係で尿酸値が上がり難い為、痛風は殆ど男性が中心となります。

食品100g中のプリン体量

極めて多い 300mg以上

鶏レバー、マイワシ干物、イサキ白子、アンコウ肝酒蒸し、かつお節、煮干し、干しシイタケ

多い 200~300mg

豚レバー、牛レバー、カツオ、マイワシ、大正エビ、マアジ干物、サンマ干物

少ない 50~100mg

ウナギ、ワカサギ、豚ロース、豚バラ、牛肩ロース、牛肩バラ、牛タン、マトン、ボンレスハム、プレスハム、ベーコン、ツミレ、ほうれん草、カリフラワー

極めて少ない 50mg以下

漢方養生079

コンビーフ、魚肉ソーセージ、ウインナソーセージ、かまぼこ、焼きちくわ、さつま揚げ、カズノコ、スジコ、 豆腐、牛乳、チーズ、バター、鶏卵、トウモロコシ、ジャガイモ、サツマイモ、米飯、パン、うどん、そば、果物、キャベツ、トマト、にんじん、大根、白菜、ひじき、ワカメ、昆布

お酒は基本的に発作を誘発します。経験的に、ビール・焼酎・バーボンウイスキーは、特に影響が強く、次が日本酒・ブランディが影響するようです。

スコッチウイスキーは、やや影響が少ないようですが、同じアルコールですので禁物です。

また、アルカリ食品をとると尿がアルカリ性となり、尿酸が溶けやすくなります。ワカメ、ひじきなどの海藻類や野菜を多く摂りましょう。

脂肪肝は恐い >>