多くの漢方治療歴

太陽堂漢薬局の多くの患者さんからの漢方治療歴です。

患者さんからの、改善のお声を順次掲載しています。

諦めずに、希望を持って、一緒に考えましょう。

【 脊柱管狭窄症 】と漢方薬治療による取組み

男性65歳No.6656

脊柱管狭窄症からくる朝方の右足の痺れは大分少なくなってきたかなと思います。

調子は悪くはなってないです。腰はコルセットをはめているからか、割りと安定しています。右手の痺れは、自分では意識しないです。

Date:2015/12/17

太陽堂漢薬局から患者さんへ

半年前と比べると随分症状が改善して来ましたね。第1~2腰椎の煎じ薬は念の為、あともう1ヶ月お出しします。次回より第4~5腰椎の締めくくりに移りますね。

脊柱管狭窄症と脊椎分離症(脊椎すべり症) >>

脊柱管狭窄症の腰痛は前ほどのきつさはなくなりました

男性65歳No.6656

腰は前ほどのきつさはなくなりました。朝方も意識しないで起きれます。脊柱管狭窄症の症状が安定してきて、随分楽に過ごせるようになりました。

Date:2016/04/16

太陽堂漢薬局から患者さんへ

以前、煎じ薬を飲まれていた第1~2腰椎(血流)の反応は消失していました。今は骨を強くする漢方薬をお飲み頂いてます。骨を組成するミネラル分(海産物)も積極的にお召し上がり下さいね。

脊柱管狭窄症 – 少し背筋を伸ばして歩けるようになりました

男性56歳No.7308

右腕、右足の痺れは若干緩和されてきた気がします。また、背中を丸めないと神経が圧拍されて歩くことが出来なかった事が、少し背筋を伸ばして歩けるようになりました。臀部に疼痛もありこれが取れれば幸いです。

また女房の方は、漢方薬を飲み始めて傍から見てて咳き込む回数が減ってきているような気がしますが本人は変わらないかなと言うことです。

Date:2017/08/24

太陽堂漢薬局から患者さんへ

漢方薬を再開して1ヶ月になりますね。少し症状が和らぎ良かったです。頚椎の状態がもっと良くなって来ますと、右手、右足、臀部の痺れが軽減されると思います。奥様とどちらが早く良くなるか競争ですね。くれぐれも首に負担を掛けない様、お気をつけ下さいね。

全然意識してないです – 脊柱管狭窄症

男性67歳No.6656

腰は今は全然意識してないです。右足付け根の麻痺は、感覚的に何も支障がなかった時の感覚もあります。

麻痺を感じる時と感じない時が出て来てます。

Date:2017/11/24

太陽堂漢薬局から患者さんへ

第4~5腰椎の反応は消失していました。漢方薬は再発防止の働きがありますので、漢方薬を飲まなくなっても良い状態が続きますよ。

漢方薬でひとつでも体質改善を終えると、その後の治療は全く別のお病気であっても、とても速いスピードで改善が進みます。右足付け根の麻痺はこれからもっと和らいで来ますよ。

最後に

当薬局では、治療を継続中あるいは検討中の方に少しでも勇気と希望を持っていただきたく、漢方治療歴を順次掲載しています。

諦めずに! 1人じゃないですよ!希望を持って、一緒に病を治していきましょう。

脊柱管狭窄症と脊椎分離症(脊椎すべり症) >>