問診表送付後のご案内

直筆の字をご郵送ください

問診表送信後、直筆の字をご郵送下さい。距離が離れていても、直筆の字を使い糸練功(シレンコウ・医療気功)にて患者さまの身体の状態を診る事が出来ます。(名刺位の大きさの紙に、直筆でお名前をご記入ご郵送下さい。ハガキでも構いません。)

以下の3点が必要な患者さまは、メール添付又は直筆の字と同封にてお送り下さい。

  • 臨床検査値 より正確な判断を行うため臨床検査値などがお分かりの方は、出来るだけコピーをお送り下さい。
  • 基礎体温表 不妊症ご相談の場合、基礎体温表は漢方証判断の参考となります。お付けの方はコピーをお送り下さい。
  • 患部の写真 皮膚病の判断では、望診が重要な要素となります。出来るだけ患部の写真をお送り下さい。

ご郵送先住所

〒 812-0035 福岡県福岡市博多区中呉服町1-26-6F 太陽堂漢薬局

TEL 092-263-3590

更に問診が必要な場合

お病気によっては、更に問診が必要な場合がございます。その場合、太陽堂漢薬局よりメール又は電話にてお尋ね致します。

直筆の字到着後

直筆の字到着後、十分な問診データを参考に、糸練功にて患者さまの状態をお調べ致します。患者さん一人一人の病態・症状に合わせ、最適な漢方薬と服用方法を選び出します。

原則として2営業日以内に

直筆の字到着後、原則として2営業日以内に、患者さまの病態・症状に合わせた漢方薬のご提案・説明をお知らせ致します。

糸練功は、医師の診断や患者さまの訴えに基づいて東洋医学の証の判定を行います

糸練功で西洋医学的診断は出来ません。もし激しい症状や症状に変化が生じた場合、必ず医師の診断を再度受け、以前の診断と変わっていないかご確認下さい。

本来、漢方は患者さまの証(症状と体質的傾向)を判断します

例えば、頭痛・歯痛・歯肉の炎症・風邪・肩こり・鼻血など異なる疾患であっても、それが「葛根湯」で改善するなら、すべて「葛根湯証」と漢方では判断されます。

そのため、私達が判断した「葛根湯証」が、患者さまの訴える「頭痛」なのか? 単なる「歯肉の炎症」なのか? 判断に迷うケースがあります。

「西洋医学の病名」と「漢方の証」の捉え方の違いにより、患者さまの証に合っているにも関わらず、患者さんの訴える病気が改善しないことが、まれに起こります。

逆に「西洋医学」の病名がつかない場合でも、「漢方の証」を捉える事により対応できる疾患も数多くあります

私達は病名や証に基づき漢方治療する漢方の専門家です。

私達には西洋医学的診断は出来ません。

出来るだけ自己判断ではなく、医師の診断を頂くことをお勧めします。