心筋梗塞と狭心症 - 漢方相談

心筋梗塞・狭心症は、発作的に心臓部が締め付けられ痛みがきます。痛みは胸だけでなく、腕に沿って左手の内側にも広がります。

狭心症には、真性と仮性があります。仮性狭心症は、夜間型狭心症・安静時型狭心症とも言われます。精神的なストレス等により心臓の周りの冠状動脉が収縮し引き起こされます。

心臓は全身に血液を送りますが、心臓も血液が必要です。心臓に血液を送る冠状動脈が軽度に閉塞した一時的な状態が狭心症になります。

更に動脈硬化が進行し重篤となり、閉塞により心筋が壊死を起こすと心筋梗塞となります。

狭心症から心筋梗塞へ進行することもあり注意が必要です。

◆心筋梗塞と狭心症の漢方治療

狭心症・心筋梗塞は、漢方では「胸痺(きょうひ)」と呼ばれ、2000年前より治療をされてきました。

漢方治療では、狭心症と心筋梗塞は区別せずに、症状の強さと病態にて治療方を組み立てて行きます。

発作時の痛みが激しい場合は、括呂薤白半夏湯(カロウガイハクハクシュトウ)。仮性狭心症の痛みには千金当帰湯(センキントウキトウ)など様々な漢方薬があります。

狭心症・心筋梗塞の発作用頓服

また狭心症・心筋梗塞の発作時にニトログリセリン同様に数秒で発作を止める漢方薬もあります。狭心症・心筋梗塞の発作後に、再発防止で漢方薬を服用すると再発をしにくくなります。

◆心筋梗塞と狭心症の漢方薬

括呂薤白白酒湯

発作時の痛みの強い狭心症・心筋梗塞に頻用される薬方です。

括呂薤白半夏湯

括呂薤白白酒湯より、更に痛みが強く、嘔吐を伴う場合はこちらを用います。

千金当帰湯

発作時の痛みはやや軽く、ストレス等による仮性狭心症に用います。みぞおちから胸にかけて突き上がるような激しい痛みの発作が適応します。

苓桂甘棗湯

下腹部から何かが突き上げてくるような激しい発作の狭心症・心筋梗塞に適応します。

木防已湯・茯苓杏仁甘草湯

心窩部に菱形状の強い抵抗と圧痛(心下痞硬)がある心筋梗塞・狭心症に用います。使い分けは木防已湯が実証タイプ、増損木防已湯が中間タイプ、茯苓杏仁甘草湯が虚証タイプです。

心筋梗塞-狭心症治療後の精神不安定-2008年1月

狭心症治療後の精神不安定

太陽堂漢薬局と患者さんとの「かけ橋」です。

太陽堂漢薬局の患者さんに、毎月お配りしています。

漢方治療を少しでも御理解して頂きたく、太陽堂漢薬局での実際の症例を毎月御紹介致します。

漢方治療中の患者さんにとって、少しでも御参考・励みになれば幸いです。

◆漢方症例報告「かけ橋」 - 心筋梗塞

(昭和17年生、女性。No.2842)

昨年に狭心症を漢方薬で治療され、ある程度改善されていた女性。夏後に精神的に不安定になり、ニトロを飲む程ではないが、ストレスで胸がギューッと痛むと訴えられた。また、ストレスがかかると左腕が痺れるという。

以前は人との交流が好きだったが、最近はあまり上手になれず、クヨクヨする事もある。昨年は喉に突き上げるような症状を訴えていらした。

糸練功で、左腕から手に大腸の陽証0.6合甲字湯加黄ゴン紅花証と、五志の憂に肺の陰証0.4合半夏厚朴湯合茯苓飮証。心臓に心の陽証2.9合増損木防已湯証を確認。漢方で古血と五志を改善しながら、増損木防已湯証改善も図った。

1ヵ月後、気持ちが落ち着き、長く歩いた後は左足が痺れるが、毎日漢方を飲むと、生活にも張り合いが出てきたとの事。

代用処方にて五志に対応していたが、正式処方へ切り替えた。

2ヵ月後、とても調子良く過ごされているとの事。気持ちも落ち着き体調も良く、漢方を続けたいとの事。

心臓部分の痛みは増損木防已湯証もあるが、この方の場合は五志の憂と古血によって、その症状に拍車をかけていた。

心房中隔欠損症もお持ちで、遠出もできず、不安な毎日を過ごされていたのだろう。古血と五志を改善させる事によって生活に張り合いが出て、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)も改善され、現在はとても満足され、毎日を過ごされている。