腎臓結石・尿管結石・膀胱結石の原因と治療法

腎結石・尿管結石・膀胱結石 - 漢方相談

発作時は激しい痛み

腎臓結石・尿管結石・膀胱結石は発作時に激しい痛みが生じます。痛みは、腎臓部より膀胱、尿道、下肢にまで拡がり、尿が突然に出なくなったり血尿を伴ったりすることもあります。

腎臓結石・尿管結石・膀胱結石の原因

同じ結石でも、胆石・胆砂の成分は一般的にコレステロールによる結石です。一方、腎結石や膀胱結石は、膵石と同じシュウ酸カルシウムが主成分です。

食事でシュウ酸の多いホウレン草などは、控えるか、よく火を通して食べます。シュウ酸は、加水分解ではなく熱分解で壊れますので、煮る・ボイルじゃなくてもフライパンで炒めても分解します。アクのある野菜は出来るだけ生食をせずに、十分に火を通した方が腎結石・膀胱結石は出来にくくなります。

◆腎臓結石・尿管結石・膀胱結石の発作時の頓服

結石の激烈な疝痛発作の場合、漢方では芍薬甘草湯、甘草湯、大建中湯、附子粳米湯、解急蜀椒湯、大黄附子湯(左下腹部痛が目標となります)などを頓服として用います。速やか痛みが消失する事が多いです。

◆腎臓結石・尿管結石・膀胱結石の漢方薬

発作時の上記漢方薬は、鎮痛作用が目的であり、腎臓結石・尿管結石・膀胱結石に対する直接的な治療とはなりません。

一般に腎臓結石・尿管結石・膀胱結石に対し

駆オ血剤の桂枝茯苓丸加ヨクイニン、桃核承気湯、大黄牡丹皮湯を使用します。

血剤として

また、猪苓湯、竜胆瀉肝湯もよく用いられます。他に大柴胡湯、防風通聖散等が用いられ、発作が軽度の場合は八味丸も使用されます。

上記の漢方薬を2剤併用したり、同時服用して効果を上げることが出来ます。例えば、猪苓湯に芍薬甘草湯を合方して痛みの強い時や血尿が激しい時に用います。

芍薬甘草湯は尿管等を広げたり緩めることにより、痛みを除き結石の排出を促します。猪苓湯は利水剤で組まれた薬方で排尿をスムーズにさせます。また、その薬味中の阿膠には傷口を修復し、血液凝固を促し出血を止める働きがあります。

再発防止

腎臓結石・尿管結石・膀胱結石。多くの漢方治療歴から

腎臓結石・尿管結石・膀胱結石を繰り返す人は、再発防止に五苓散を服用します。五苓散を服用していると新たな結石が出来にくくなります。

◆腎結石を溶かす治療法

太陽堂漢薬局では、以上の漢方治療の他に、腎臓結石・尿管結石・膀胱結石を漢方薬で溶かし流し出す独特の治療法を確立しています。過去には1cm大の腎臓結石を溶かし流した治療経験もあります。

◆多くの漢方治療歴から

「腎臓結石・尿管結石・膀胱結石」の一部をご紹介

太陽堂漢薬局の多くの患者さんからの漢方治療歴です。

患者さんからの、改善のお声を順次掲載しています。

諦めずに、希望を持って、一緒に考えましょう。

尿管結石(腎結石・膀胱結石)-安定しています

男性51歳No.45

尿管結石の発作も全く起こらず、安定しています。

太陽堂漢薬局から患者さんへ

尿管結石の痛みも無くて良かったですね。

調子の良い時こそ、きちんと量と飲み方を守って飲まれる事が大切ですよ。