不妊症の漢方治療法

不妊症の漢方-太陽堂漢薬局の取り組み

なかなか子供ができないことに対する周囲の声や責任を感じて気持ちが落ち込んでしまったり、赤ちゃんが、できないと考えてしまい不安が膨らむ人、イライラする人など自律神経が弱ってしまう方も多く見受けられます。東洋医学では自律神経を「五志の憂」と捉え、ホルモンに大きく影響を及ぼしていると考えています。

不妊症治療の結果

太陽堂漢薬局は、不妊症を「卵子」と「精子」の受精だけを考えた治療ではなく、東洋医学を駆使し「五志の憂(自律神経)」も調節しながら心身ともに確率を高めていけるような体質作りをしております。

不妊症は、カップルによっては山あり谷ありの長い道のりになります。赤ちゃんが出来ない原因で自分や相手を責めないで、お互いの気持ちを思いやり、分かり合いながら治療に取り組んで下さい。

そんなお二人の良き相談役・パートナーになれたらと思い、不妊症の漢方治療のお供ができればと考えております。

◆太陽堂漢薬局の漢方

東洋医学で妊娠できる身体の概念は、西洋医学と異なり独特な考え方があります。

東洋医学の古典「上古天真論」に「女性は14才にして血海が通じ子供ができる身体となる」とあります。本来の東洋医学では、不妊の方の血海を通じさせることにより子供ができやすい身体を作っていきます。

血海とは。不妊症との関係

奇経八脈の中の衝脈という経絡です。血海が通じれば確立の問題はありますが、年齢は関係なくなります。(漢方治療は、高齢不妊の方に強い味方となります。)

私の師匠である故入江正先生は、この血海を通じさせる治療により、不妊症患者さん12人中9人の方の妊娠に成功した症例を報告しています。

太陽堂漢薬局では、師の教えに従い、任脉の裏の血海・衝脈のみを診る糸練功の技術を確立しました。東洋医学独自の治療が太陽堂漢薬局の自慢であり、また非常に多くの不妊症の患者さんに喜ばれている所以だと自負しています。

漢方医学の考え方

漢方薬は体の免疫力を高め体質改善していきます。別のお病気で漢方薬を飲んでいたにも関わらず、「諦めていたのに妊娠しました!」という報告をされる方が少なくありません。

また「お医者さんの治療を受けてもなかなか妊娠できなかった」、「お医者さんで検査したけど、何も原因がなく体調も良いのに、なかなか子宝に恵まれない」という方々からも喜びの声を多くいただいております。

「妊娠しやすい体づくり」、「赤ちゃんの居心地の良いベッドづくり」が不妊症治療の基本です。そのため漢方薬だけでなく、生活指導も組み合わせて行っていただきたく食事等の指導も致します。

不妊症治療は、タイミングの問題もありますので、必ず赤ちゃんが出来るとは言い切れません。しかし赤ちゃんにとって居心地の良いベッドは貴方にとっても快適なはず。そんな体を目指し、貴方と一緒に取り組んでいけたら幸いです。

◆漢方薬で不妊症をご紹介

脾胃の虚証がある場合

食欲不振・胃腸虚弱などがある不妊症と高齢不妊。小建中湯 などの建中湯類、六君子湯、補中益気湯、呉茱萸湯 など

オ血(古血)のある場合

下腹部の抵抗圧痛・月経異常・口唇下帯紫色などのある。子宮内膜症がある場合も。桃核承気湯、大黄牡丹皮湯、桂枝茯苓丸(甲字湯)、温経湯 など

血虚のある場合

貧血色・冷えなどのある不妊症。高齢不妊の方の卵巣機能を改善します。四物湯、当帰芍薬散、人参当芍散、?帰調血飲、?帰膠艾湯 など

寒証のある場合

手足冷・寒がり・顏色不良などのある不妊。卵巣機能を改善します。当帰四逆加呉茱萸生姜湯、当帰芍薬散、白朮散、温経湯 など患者さんの状態に応じて駆?血剤や利水剤を用いることも多々あります。特に温経湯は高齢不妊症の方に適応することが多いです。

精神神経症状のある場合

気証だけでなく、様々な病態から派生。高齢不妊は患者にとって大変なストレスを抱えている場合が多く、知覚神経症状(五志の憂)を軽減するだけで妊娠につながる場合も多いと思われます。女神散、加味逍遙散、半夏厚朴湯、桂枝加竜骨牡蠣湯 など

流産癖のある不妊症の場合

血虚に対応するものが多いのですが、実証の?血や、脾胃の虚証に対する薬方が有効なこともあります。温経湯、当帰芍薬散、人参当芍散、?帰膠艾湯、当帰散 など

膀胱炎・尿道炎症状を伴う帯下がある場合

感染症の可能性もあります。大黄牡丹皮湯、竜胆瀉肝湯 など