メニエール病(メニエル病)の原因と治療法

メニエール病(メニエル) - 漢方相談

めまい眩暈には有効な漢方薬があります!! メニエール病には様々な症状があります。

  • 天井がグルグル回る・・・
  • ふわふわと雲の上を歩いているよう・・・
  • 頭を動かすとフラッとする・・・
  • 眩暈だけでなく吐き気もする・・・

メニエール病は、吐き気、耳鳴り、難聴、耳の閉塞感を伴ったりもします。

突然、めまい発作が現れ、30分~数時間のあいだ継続し、治っては繰り返します。これらの症状が、周期的(3ヶ月単位、3年単位等、人によって異なります)に現れるようになります。

西洋医学では内耳の三半規管の異常・耳石・聴覚神経周囲の浮腫(むくみ)等を原因として捕らえています。

メニエール病(メニエル)の発見

1861年、フランスの耳鼻科医メニエルが内耳の障害によって眩暈(めまい)が起こることを発見し、この病名がついたそうです。

働きざかりの真面目な人に多く、ストレス、過労、睡眠不足などが誘因となります。

◆メニエール病(メニエル)病の原因からみる漢方治療

メニエール病は漢方の得意分野です。原因を漢方では

メニエール病の原因からみる漢方治療
  • 水証・脾胃の水毒・脾胃の虚証
  • 気の上衝を主とした気証
  • 古血・血虚と気血水

などの原因に分けます。

熱証も関係していて熱証は

  • 胸脇の熱証
  • 心下の熱証
  • 裏の熱証

に分けて治療をしていきます。

水証 - メニエール病(メニエル)で最も多いタイプ  浮腫・尿不利・上腹部振水音等の症状を伴います。

苓桂朮甘湯
立ちくらみ・のぼせ等の「気の上衝」を伴う眩暈めまいに適応します。

澤瀉湯
回転性、急激に起こる激しい眩暈めまい発作があります。

五苓散
口渇があるのが特徴です。頭痛を伴う事が多いです。

真武湯
顏色不良、低血圧の方、貧血がちで冷え性の方に適応します。

脾胃の虚証・水毒  食欲不振・胃腸虚弱がある人。

四君子湯
食が細く、疲れやすい、気力減退が目立つ場合。

半夏白朮天麻湯 - メニエール病(メニエル)のフワフワ目眩に繁用
悪心・嘔吐・フワフワ感などの「脾胃の水毒」を伴う眩暈めまい。頭痛や血圧の上昇(特に最低血圧)がある場合があります。

半夏瀉心湯
舌白苔・心下痞・口内炎などの「上衝の熱証」を伴います。下痢がちでお腹にガスがよく貯まる方(腹鳴)に適します。

呉茱萸湯
冷え・嘔吐を伴う回転性眩暈めまい。嘔吐が激しい事があります。

気証  精神神経症状が目立つ場合です。

炙甘草湯
不整脈・のぼせ・動悸を伴う。

女神散
顔面紅潮し、気の上衝がある。妊娠経験のある中年の女性に多いです。

釣藤散
中年以降の早朝頭痛や脳動脈硬化が疑わしい方。イライラや短気で怒りやすい人。

半夏厚朴湯
発作性に心悸亢進があったり、喉に何か詰まっている感じを訴える方。取り越し苦労の多いタイプです。

古血  下腹部の抵抗・圧痛・月経異常。

桃核承気湯
「裏の実証」を伴い、症状の強い方。赤ら顔で便秘がちの方。

桂枝茯苓丸
上気により起こる眩暈めまい。顔は逆上せ、下半身が冷える方。

血虚  貧血・顏色不良が見られる方。

当帰芍薬散
虚証、血虚、水毒を伴う。生理痛が有ったり生理不順を伴う。

連珠飲
立ちくらみ・クラッとする症状があります。

胸脇の熱証  胸脇苦満・口苦・肩背強急。

柴胡加竜骨牡蠣湯
不眠や自律神経症状のある方。体質的に強いタイプです。

加味逍遙散

抑鬱気分や古血による月経異常等がある。イライラや鬱気分があります。

柴胡桂枝乾姜湯
虚証で、口乾・自汗等のある眩暈めまい。頭から発汗する頭汗も特徴です。

上焦の熱証  他の原因も考えられる

三黄瀉心湯
裏の実証(便秘)があり、高血圧を伴う。

黄連解毒湯
便秘を伴わない、高血圧を伴うことが多い。

◆メニエール病(メニエル)のタイプからみる漢方治療

メニエール病のタイプは大きく3種類に分けられます。タイプからみる漢方薬方の例を挙げておきます。

回転性の「めまい」(真性めまい) - メニエール病(メニエル)の激しい目眩に対応

苓桂朮甘湯、澤瀉湯、呉茱萸湯など。

立ちくらみ(仮性めまい)

苓桂朮甘湯、苓桂朮甘湯加澤瀉など。

浮動性の「めまい」雲の上をフワフワ

半夏白朮天麻湯、真武湯など

メニエール病は、再発しない体質改善を。ぜひ太陽堂漢薬局にご相談ください。