後縦靭帯骨化症(OPLL)の原因と治療法

後縦靭帯骨化症(OPLL) - 漢方相談

後縦靭帯骨化症・黄色靭帯骨化症でお悩みの方へ。「何とかしたい」その思いを、東洋医学(漢方)の不思議な力を信じて。

後縦靭帯骨化症(OPLL)とは(西洋医学と漢方医学)

後縦靭帯骨化症とは、脊椎椎体の後縁を上下に連結し、脊柱を縦走する後縦靭帯が骨化し増大する結果、脊髄の入っている脊柱管が狭くなり、脊髄や脊髄から分枝する神経根が圧迫され、知覚障害や運動障害等の神経障害を引き起こす病気です。

骨化する脊椎の場所によって、それぞれ頚椎後縦靭帯骨化症、胸椎後縦靭帯骨化症、腰椎後縦靭帯骨化症と呼ばれます。

後縦靭帯骨化症は、国内の一般外来を受診する成人の頚椎側面単純レ線写真からの調査では、1.5%から5.1%平均3%の発見頻度があります。

中華人民共和国の50歳以上でも2.7%の頻度で認められています。従来からアジア地区特に東アジアに多く認められると報告されてきました。

しかし最近のアメリカ合衆国内の報告でも1.2%の発見頻度が報告され、後縦靭帯骨化症の地域偏在性は少なくなってきました。男女比では2:1と男性に多く、発症年齢はほとんど40歳以上です。

漢方医学では、麻痺に対する専門の漢方薬(加味八仙湯・黄耆桂枝五物湯・・・他)や様々な漢方治療薬が太陽堂漢薬局にはあります。

◆後縦靭帯骨化症(OPLL)の進行

後縦靭帯骨化症(OPLL)は、西洋医学的な原因は不明のため予防できません。(漢方医学では、まったく異なった視点から治療を行います)

痛み・しびれが患部から下へ、足先から内臓へと広がっていくようです。頚椎の骨化症の場合は、最初に首筋や肩胛骨周辺の痛みやしびれ、手の指先のしびれ(特に親指から中指)、強い肩の凝りや、箸がつまめないといった症状を訴える方が多いです。片側だけの場合、両側の場合があります。

次第に上肢の痛みやしびれの範囲が拡がり、下肢のしびれや知覚障害(足裏の違和感、熱さ冷たさがわからない、炎症があるように熱いなど)、足が上がりにくい、組みにくい等の運動障害、両手の細かい作業が困難となる手指の運動障害などが出現するようです。

重症になると排尿や排便の障害(便秘など)や、一人での日常生活が困難となる場合もあるようです。

胸椎の骨化症の場合、上肢の症状以外の頚椎の時と同じ症状となります。初めは下肢の脱力やしびれ等が多いようです。

腰椎の骨化症の場合、歩行時の下肢の痛みやしびれ、脱力等が出現します。

これらの症状は年単位の長い経過をたどり、良くなったり悪くなったしながら次第に神経障害が強くなってきます。慢性進行性のものが多いようです。中には転倒などで、頭等を強く打たなくても急に手足が動かしづらくなったり、新しい症状や、今までの症状が強くなったりします。

◆後縦靭帯骨化症と黄色靭帯骨化症とは

黄色靭帯骨化症とは

黄色靱帯骨化症とは脊柱管の後方にある椎弓の間を結ぶ靱帯、すなわち黄色靱帯が骨化し、脊柱管が狭くなり、神経の圧迫症状が出現してくる病気です。

男女比では性差はほとんど認めません。年齢的には20歳以降に認めていますが40歳以上が一般的です。

また頚椎後縦靭帯骨化症の患者さんの13%に胸椎黄色靱帯骨化症があるとの報告があり、この病気は脊柱靱帯骨化の一部分の病気と理解した方が良いと思われます。

後縦靭帯骨化症と黄色靭帯骨化症は国の難病(特定疾患)指定となっております。

◆難病 特定疾患とは

特定疾患について我が国の難病対策では、いわゆる難病のうち、原因不明で、治療方法が確立していないなど治療が極めて困難で、病状も慢性に経過し後遺症を残して社会復帰が極度に困難もしくは不可能であり、医療費も高額で経済的な問題や介護等家庭的にも精神的にも負担の大きい疾病で、その上症例が少ないことから全国的規模での研究が必要な疾患を「特定疾患」と定義しています。

現在、特定疾患は121疾患あり、うち45疾患の保健医療費は公費負担助成の対象です。

◆黄色靭帯骨化症・後縦靭帯骨化症への東洋医学的手法

後縦靭帯骨化症OPLLは、西洋医学的に手術しか方法がない原因不明の疾患です。福岡の太陽堂漢薬局では、東洋医学の証に基づき治療法を決めていきます。

東洋医学的手法・証とは、四診を用い八綱分類(病位・寒熱・虚実)を決め、臓腑経絡の判断、気血水の病因の判断を基に治療法を組み立てていきます。

太陽堂漢薬局の経験から考えられる後縦靭帯骨化症症の共通点

当薬局の長年の経験から、後縦靭帯骨化症の考えられる原因を以下に述べます。骨化症が原因不明とされており、ハッキリとした原因は分かっておりませんが、骨化症の方に共通する点もあります。

事故後の後遺症

交通事故後のムチウチや、ゴルフで首部分をひねりすぎたり等、外的要因の経験がある方が多いようです。また仕事がら、肩で荷物を持つ電気屋さんや米屋さんにも患者さんが多く見られます。

よく首をポキポキ鳴らしている方

若い頃からよく首がポキポキなる方で、ある程度の年齢になり、骨化症となる方もいるように見受けられます。また、仕事で首から重いものを下げる方も、当薬局の骨化症の患者さんには多いです。

ミネラル不足

微量ミネラルを含む製剤を服用いただいた骨化症の患者さんに症状の軽減がみられることから、何らかの微量ミネラル不足が、原因の一つとも考えられます。

酢の物・柑橘系などの過剰摂取と後縦靭帯骨化症

当薬局の骨化症の患者さんの多くに、酢の物やレモンを好む傾向がみられました。原因の全てではありませんが、酸味が何らかの影響をもたらしている可能性が考えられます。酸味とアルカリ金属である骨の成分には、何らかの関係が有るかもしれません。