病024

後縦靭帯骨化症(OPLL)、黄色靭帯骨化症、頚椎靭帯骨化症は難病です。

しかし漢方治療で進行が改善された方が大勢います。手術しか方法がなく、手術をして症状が更に悪化した方。手術をする前に漢方治療を検討する価値は十分にあります。

後縦靭帯骨化症・黄色靭帯骨化症でお悩みの方へ。「なんとかしたい」その思いを、東洋医学(漢方)の不思議な力を信じて・・・。

多くの漢方治療歴・改善症例をご覧ください。諦めないで。

後縦靭帯骨化症(OPLL)とは

病9

後縦靭帯骨化症・黄色靭帯骨化症でお悩みの方へ。「何とかしたい」その思いを、東洋医学(漢方)の不思議な力を信じて。

骨化症(OPLL)とは(西洋医学と漢方医学)

後縦靭帯骨化症とは、脊椎椎体の後縁を上下に連結し、脊柱を縦走する後縦靭帯が骨化し増大する結果、脊髄の入っている脊柱管が狭くなり、脊髄や脊髄から分枝する神経根が圧迫され、知覚障害や運動障害等の神経障害を引き起こす病気です。

骨化する脊椎の場所によって、それぞれ頚椎後縦靭帯骨化症、胸椎後縦靭帯骨化症、腰椎後縦靭帯骨化症と呼ばれます。

後縦靭帯骨化症は、国内の一般外来を受診する成人の頚椎側面単純レ線写真からの調査では、1.5%から5.1%平均3%の発見頻度があります。

中華人民共和国の50歳以上でも2.7%の頻度で認められています。従来からアジア地区特に東アジアに多く認められると報告されてきました。

しかし最近のアメリカ合衆国内の報告でも1.2%の発見頻度が報告され、後縦靭帯骨化症の地域偏在性は少なくなってきました。男女比では2:1と男性に多く、発症年齢はほとんど40歳以上です。

漢方の取組み-後縦靭帯骨化症(OPLL)

漢方イメージ2

難病だと治らないの?

後縦靭帯骨化症(OPLL)の方は非常に多いです。ご存知のように後縦靭帯骨化症は、手術しか方法がなく、手術でも症状を一時的にしか緩和できない病気です。

太陽堂漢薬局では今まで多くの後縦靭帯骨化症の方々の改善をお手伝いしてきました。改善の差は個人個人ありますが、漢方薬によって多数の方が日常生活に差し支えないまでに改善していらっしゃいます。望みを捨てないで改善できる方法を探しましょう。

太陽堂漢薬局では、同時に頚椎・脊椎の損傷や知覚神経などの異常が無いか判断し治療を組み立てていきます。

食養生から見た後縦靭帯骨化症(OPLL)

漢方養生018

東洋医学での養生法

ここでは後縦靭帯骨化症OPLL・黄色靭帯骨化症の方々が少しでも早く、症状が軽減或いは改善することを願って、骨化症の普段の生活における代表的な良い例・悪い例を挙げながら、東洋医学的な養生法をご紹介しますので是非ご参考になさって下さいね。

食養生

食事は人間や動物にとっては毎日のことであり、生きていく上で欠かせないものです。食べるという毎日の習慣はその食物の種類によって非常に体の変化をもたらし、その影響は薬と同等かそれ以上の力に匹敵すると言われています。

誤った食事をしていると、症状が変化しないどころか大変悪化してしまうこともしばしばあります。ここでは骨化症に対して、食養生の代表的な食べ物を挙げていきますので是非参考になさってください。

関連記事 – 太陽堂漢薬局が学会・研究会で発表した漢方論文

>> 後縦靱帯骨化症(OPLL)に対する漢方治療の効果 2002年11月 国際中医薬論壇 (中国・南京中医薬大学、江蘇省中医薬局)

>> 後縦靱帯骨化症の麻痺に関して 2004年11月 伝統漢方研究会第1回全国大会 基調講演(日本・兵庫県淡路夢舞台国際会議場)

>> 日本の漢方古方派理論に基づく後縦靭帯骨化症の治療 2008年6月 広州中医薬大学での日本側代表講演 (中国・広州中医薬大学)

漢方相談のご案内