脳梗塞・くも膜下出血・脳内出血・高血圧症の原因と症状・後遺症、検査、漢方治療法、症例をご紹介します。

また、後遺症に対する東洋医学の考え方をご紹介します。漢方薬には、不随・麻痺の回復を早める薬方が数多くあります。

脳梗塞、回復した後遺症

医療041

症状と治療

脳梗塞の後遺症で、精神的にも肉体的にも苦しまれている方は多いです。漢方薬の治療で、

  • 脳梗塞の後遺症から回復した。
  • 歩けるようになった。
  • お箸をもって食事が出来るようになった・・・。

日常生活に不自由なく症状が回復した方も多いです。

脳梗塞の後遺症のご相談は、太陽堂漢薬局へ

後遺症のご相談その他、脳梗塞発症から数年経過後より太陽堂漢薬局で漢方治療を開始し

  • 車椅子から物に頼らず自力歩行。
  • 言語障害により言葉が出ない状態から通常の会話まで回復。
  • ご自分でまったく機能できなかった右腕で、お箸で食事、筆記までの回復。等

多数の回復の症例が御座います。漢方の力も信じて、諦めないで。

脳梗塞、回復した後遺症 >

くも膜下出血の後遺症と再発防止

病282

恐怖

くも膜下出血を発症すると、3分の1の人が死亡する恐ろしいお病気です。脳と「くも膜」の間にある脳動脈瘤が突然に破裂します。脳動脈瘤からの出血は脳と「くも膜」の間に流れ出します。

くも膜下出血は、突然の非常に激しい頭痛が特徴です。軽症の場合でも持続的な頭痛があります。

脳動脈瘤は、周りの組織を圧迫するほどの大きさにならない限り、症状はありません。それだけに突然のくも膜下出血まで気付かない人が多い疾患です。

くも膜下出血の後遺症と再発防止 >

高血圧症の症状と治療

医療062

血圧とは

高血圧症の多くは、本態性と呼ばれ明確な原因が分らない場合が殆どです。最高血圧が持続的に170mg以上を示す場合は、危険を避けるために取り合えず血圧を下げることを優先します。

最高血圧(収縮期圧)は、心臓から血液が出る圧力を意味します。最低血圧(拡張期圧)は、末梢の血管壁に掛かる血液の圧力です。

そのため、最高血圧が高いタイプの高血圧症と最低血圧が高いタイプとでは漢方の治療法が異なってきます。

高血圧症の漢方治療

高血圧症の漢方治療は、直接的に血圧を下げる黄解散等の漢方薬があります。

しかし本来の高血圧症に対する漢方治療は、その人の症状や体質に合わせて漢方薬を選別していきます。

高血圧症の症状と治療 >

脳卒中の原因と症状

病293

脳卒中病理

脳卒中は、急激な脳動脈の血行障害により生じる麻痺や運動障害、意識障害を起こす病態の総称です。脳卒中には脳栓塞、脳血栓、脳出血、脳軟化、くも膜下出血等が含まれます。

脳栓塞

脳栓塞は、心臓弁膜症等の方に多く、心臓等から血栓が脳内に入り、脳内の血管を防ぐ事により起こる脳卒中の一つです。

また心房細動になると、心房中に血液がうっ滞し血液が固まりやすくなります。固まった血液が血栓として脳に運ばれると脳梗塞となります。

脳血栓

脳血栓は、脳内の血管に血栓が生じることにより、血管を塞ぐ脳卒中です。

これらの脳栓塞や脳梗塞により、脳内の血流が部分的に低下し脳軟化が生じてきます。

脳卒中の原因と症状 >