間質性肺炎 - 漢方相談

肺炎は、気管支や肺胞腔内に炎症が起きる肺胞性肺炎と間質性肺炎に大別されます。

呼吸をすると空気は肺の中に入り、気管や気管支を通り肺胞に行きます。肺胞の壁には血液が集まっており、ここで酸素と二酸化炭素の交換が行われます。

肺胞の壁を間質(細胞自体は実質になり、細胞と細胞の間が間質と考えると分かりやすいです)と言います。間質性肺炎により間質が硬く繊維化すると肺が拡がらなくなり、呼吸が出来にくくなります。

間質の繊維化が進行すると、肺は硬くなり縮みます。縮んだ後には、穴ができ嚢胞となります。

間質性肺炎の原因は、自己免疫疾患、空気中の塵、カビや毛、薬の副作用(特に免疫を抑える薬、抗リウマチ薬や膠原病の薬、ステロイド剤等)、健康食品、ウイルス、逆流性食道炎、遺伝的背景等の原因や誘引もあります。しかし原因が不明な場合も多いです。

以前に小柴胡湯で間質性肺炎の副作用報告がありました。ただその副作用を出したのは、あるメーカー1社の小柴胡湯でした。他社の小柴胡湯では副作用報告は殆どありませんでした。非常に質の悪い安価な生薬原料(特に黄ゴン等)を使うと、従来は考えられなかった副作用が生じるのだと思われます。

太陽堂漢薬局では栽培品の黄ゴンは用いず、伝統的な生薬鑑別法により野生品の黄ゴン(その中でも最も最高の尖黄ゴン)しか用いません。

間質性肺炎の症状

間質性肺炎は動くと呼吸困難を起こし、坂道や階段での呼吸困難から、平地での歩行や日常生活でも呼吸困難を起こすようになります。

乾燥性の空咳が多発することもあります。

肺から心臓へ負担が行き、肺高血圧を起こすこともあります。

まれに風邪等が引き金になり急性憎悪することがあり、注意が必要です。一般的に予後は悪く呼吸不全で亡くなることも多い恐い疾患です。

◆間質性肺炎の西洋医学的治療

西洋医学ではステロイド治療、抗繊維化剤もありますが完治は難しいのが現状です。

また抗繊維化剤の副作用として胃腸障害・光線過敏症も問題となります。

◆間質性肺炎の漢方治療

漢方治療では、咳や呼吸困難等の症状を除く目的と、肺組織の繊維化を防いで間質性肺炎の進行を止める漢方治療を行います。

まず間質性肺炎の原因の薬品・物質を特定し除くことが大事です。同時に漢方薬で免疫力を上げることが、間質性肺炎を治す早道となります。また線維化を防ぐ漢方治療も行っていきます。

漢方薬の免疫に対する働きとして、白朮によるサイトカイン(Cytokine) Th2のインターロイキン(Interleukin)- 5への直接分泌抑制作用などが証明されてきています。また黄耆を含む漢方薬が間質性肺炎に有効であったとの症例報告もあります。

四苓湯

五苓散から桂枝を除いた薬方で、澤瀉、白朮、猪苓、茯苓からなる漢方薬です。表に邪熱がややある疾患に用います。免疫に働く白朮が配合されています。漢方では伝統的に白朮と同時に茯苓を組合すことが多いです。

柴苓湯 - 間質性肺炎の免疫力を高める

現在、最も免疫に対して使用されている漢方薬です。リウマチや抗核抗体、自己免疫性肝炎、他の自己免疫疾患にも多用されます。血小板凝集能抑制作用も報告されており、免疫反応を調整し炎症を和らげる働きがあります。

桂枝茯苓丸(甲字湯)

漢方ではオ血(血分のうっ滞)を除く漢方薬の代表です。甲字湯は桂枝茯苓丸に生姜と甘草を加え安心して飲めるマイルドにした処方です。

その他、咳を鎮め呼吸を楽にする麦門冬や熟地黄の配合された数々の漢方薬を標治方として用います。

現在の西洋医学で治療法が殆ど無い間質性肺炎。漢方薬を試してみる価値は十分にあります。