漢方の醍醐味・東洋医学との出会い

東洋医学との出会い

薬研

*写真は、薬研。中医学院に展示してあった中国の古い薬研(生薬の切断に使用します)。太陽堂漢薬局には江戸時代の日本の薬研が展示してあります。

私は23歳までは普通の薬剤師として仕事をしていました。大学で化学を中心とした薬理学を学び、化学構造から医薬品を合成することを中心に勉強してきました。

丁度その頃、母が狭心症で倒れました。私は製薬会社を止め故郷の鹿児島に戻りました。 鹿児島での仕事先は薬剤師会からの紹介で、ある薬局に薬剤師として勤務させていただきました。紹介された薬局が漢方中心という事も知らずに・・・。

薬局に勤務すると今まで聞いた事もない漢方の話、漢方薬の名前。そして漢方の勉強です。戸惑いました。

勤務が終わった後、毎週2回2~3時間薬局に残り、漢方の勉強をさせられました。

そこの先生は中医師の免許を持っているにも関わらず、私達にお教え下さったのは日本の伝統漢方”古方”でした。1978年のことです。

最初の半年は訳も分からず、「こんな草や木が効くものか!」と思って、あまり勉強もせず遊び歩いていました。

その当時、私はアレルギー性鼻炎が酷く、抗ヒスタミン剤を自分で調合し服用する毎日でした。いつも漢方をお教えくださる先生が「漢方薬を飲みなさい。お金は要らないから」

嫌々、飲みだしました。それから3ヶ月ほどして鼻水が少なくなってくるのに気付きました。

それからです。漢方の勉強を一生懸命始めたのは。勤務が終わり、家に帰り、毎夜、漢方の本を読みあさりました。

漢方概念 - 世界観とは

霊芝

*写真は、野生の霊芝。紫色ではなく、原種の黒色、黒芝です。栽培品と異なり作用も強いです。

私たち現代薬理学を学んだ者は、考え方がケミカル・科学的に成っています。

東洋医学の概念が、しっくり肌に合いません。薬学を学んでいない一般の人の方が、逆に東洋医学に入りやすいと思います。

2年ほど漢方を勉強し自分なりに「漢方は大体分かった」と思った時期がありました。その頃の私は、後輩の薬剤師に「葛根湯は麻黄が命」、「製薬メーカが造る製剤はエキス化の段階で精油・気剤が抜けている。香りを故意に付けている製品もある」など講釈をたれていました。今、考えれば恥ずかしい話です。

漢方を頭で理解できても、心の奥底では理解できない自分とのジレンマに悩んでいた時期です。

経方も学んだ、古典も本草学も学んだ、何千人と言う患者さんの相談も受け、患者さんを直接診て望診も学んだ。

でも深層心理と言いますか、心の奥底では、やはり東洋医学の思想観を理解できないジレンマとの戦いでした。そして本当には、東洋医学の概念を理解できませんでした。

結局、「漢方に対する反発の気持ち」と「漢方の知識は十分付けたという自信」。2つの相反する気持ちを持ちながら、漢方の世界から数年間遠ざかることと成りました。

漢方医学を商売として

桂皮

*写真は、南方の生薬市場。ベトナムに近い生薬市場で見つけた桂皮の山。香木などの生薬が豊富な市場。

それからの私は、今まで学んだ十分すぎる程の漢方知識を商売として使っていきました。新たな漢方の勉強をすることもなく・・・。

その当時、日本には現在のような「中医学」と言う言葉すら無い時代です。漢方の知識が本当に有る人は、少ない時代です。

徹底して漢方を勉強した私が、聞きかじりで漢方薬を売っている人達に負けるわけがありません。

私の商売は繁盛し、わずか数年で社員が18人在籍する会社にまで成長しました。青年実業家と言われ、社長業で有頂天に成っていた時期です。

また、西洋医学に馬鹿にされながら、日陰の漢方を守り続けた先生方が居らっしゃた時代でもあります(1980年頃)。