多くの漢方治療歴

太陽堂漢薬局の多くの患者さんからの漢方治療歴です。

患者さんからの、改善のお声を順次掲載しています。

諦めずに、希望を持って、一緒に考えましょう。

【 痔ろう(痔瘻) 】と漢方薬治療による取組み

女性53歳No.4348

症状的には1ヶ月毎にかなり楽です。煎じ薬を飲み出してから軟便でも痔ろうの症状が出難くなってきています。痔ろうの症状も大分落ち着いて来ました。

膿の量もすごく少なくなってます。腫れてもすぐ引きます。出血もペン先に付く位です。

Date:2016/06/10

太陽堂漢薬局から患者さんへ

こんにちは。胆汁の流れを良くする煎じ薬をお飲み頂いて以降は、以前より症状が落ち着いているようで嬉しく思います。こちらのお茶のような煎じ薬をお飲み頂いていると胆嚢に溜まっている石が流れるごとに下痢の症状が起こってしまいますが、以前より流れが良くなり下痢の症状も酷く続いてしまう事が少なくなります。

引き続き、痔ろうの症状にも影響が出てしまう為、煎じ薬を小まめにお飲み下さいね。

痔瘻(痔ろう)の原因と治療 >>

痔瘻(痔ろう)の漢方治療は終了となります

男性56歳No.4262

もう1年以上良好状態を維持しております。特に変化もありません。

Date:2016/06/21

太陽堂漢薬局から患者さんへ

こんにちは。調子良い状態が続いていらっしゃいますね。本日の糸練功で、漢方薬の1日量が1/10量となりました。今回の服用で漢方治療は終了となります。

長く漢方治療を続けられるのは大変だったと思います。今まで治療にお付き合い下さいまして有難うございました。

漢方薬を飲まなくなっても規則正しい生活をお送り下さいね。また、医食同源という言葉がございます。医(漢方薬)と食(食事)は源が同じと言う事です。この言葉には色々な意味がございますが、病気を再発されない為には漢方薬同様、食事が大事です。これからも食事の面で様々な事をお気をつけ下さいね。

○○様の場合、お酒を控えて頂き、緑の濃い野菜を多く摂られるようにして下さいね。これからまたご相談事があれば気軽にご連絡下さいね。

痔瘻(痔ろう)-排便も良好で膿も出ていません

男性65歳No.3836

排便も良好で膿も出ていません。

Date:2016/11/15

太陽堂漢薬局から患者さんへ

こんにちは。とても調子良いみたいですね。便通も良好で安心致しました。

これからの季節、腸内細菌の動きが鈍くなり、便通が悪くなり易いです。最近では状態が落ち着いている事もあり、症状が酷く出てしまう事は少ないと思いますが、お食事によるご養生をお続け頂くと安心かと思います。

水溶性繊維の食べ物は引き続き意識して摂られるようにし、緑のお野菜を柔らかく茹でたものになると痔瘻の状態も改善し易くなります。お食事の時は意識して摂り入れてみて下さいね。

患部の状態は良好です

男性24歳No.6979

良好です。肛門周囲膿瘍(痔ろう)の状態は落ち着いています。

Date:2016/12/06

太陽堂漢薬局から患者さんへ

良好な状態が続いている様ですね。治療途中、もし症状に変化があった時はご一緒に考え取り組んで行きたいと思います。何かありましたら遠慮なくご相談下さいね。

痔瘻は漢方薬で完治出来ます。治療終了目指して頑張りましょうね。

痔瘻(痔ろう)-先月同様良好な状態です

男性54歳No.6908

先月同様良好な状態です。2回ほど内部の痛みを感じましたが、続くことはなく生活に支障はありません。腫れもなく、膿が出ることもありませんでした。

先月下旬にどうしても梅が枝もちが食べたくて1個だけ食べました。

Date:2016/12/07

太陽堂漢薬局から患者さんへ

お食事によるご養生を続けて頂くと、甘い物を控えている事もあり食べたくなってしまう時がありますね。今まできっちりご養生を続けて頂いている事もあり、1回摂った事で酷くなる事はありませんよ。続けて摂る事で酷くなってしまいますので、意識はされてご養生はお続け下さいね。

今回糸練功にて薬味を確認した所、季節柄か「肝胆の働きを高める薬味」が加わる反応がありました。こちらの薬味は今の時期から増えてくるみかんの皮になり、青い状態の物を生薬として使用します。

痔瘻に対する代謝賦活剤と一緒にお飲み頂いている漢方薬(痔の適方)に、大半の方は加わる薬味になりますが、○○様の場合はご来局された時に確認させて頂いた時には必要ありませんでした。季節柄か効果を高める為か「肝胆の働きを高める薬味」が今回から加わっております。より効果は高くなりますよ。

そして、現在痛みに関しては治療をしておりませんので、今回から痔瘻の部分のみを糸練功にて確認させて頂きますね。

これからの時期はお餅なども食べる事があると思います。もち米は炎症の改善が遅くなってしまいますので、出来る限り控えた方が良い食べ物になります。お伝えいたしました通り、1回でしたら大丈夫ですが、毎日のように摂られる事や多く摂られると症状の悪化に繋がってしまいます。お食事は意識されてお過ごし下さい。

床暖房などでお尻が温まっても症状が酷くなってしまいますので、温めすぎにはご注意下さいね。

最後に

当薬局では、治療を継続中あるいは検討中の方に少しでも勇気と希望を持っていただきたく、漢方治療歴を順次掲載しています。

諦めずに! 1人じゃないですよ!希望を持って、一緒に病を治していきましょう。

痔瘻(痔ろう)の原因と治療 >>

相談のご案内