病231

胃炎・すい臓・下痢・大腸炎・胃腸病

逆流性食道炎・神経性胃腸炎・過敏性腸症候群・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・膵炎・潰瘍性大腸炎・胃腸病の症状・原因・漢方治療方、症例を解説・ご紹介します。

逆流性食道炎と胸やけ

病217

原因と症状

逆流性食道炎の主な症状は、胸やけ等の不快な症状です。近年日本では増加傾向にあります。

逆流性食道炎を起こさないように、胃と食道の間には、噴門部という食道に逆流しない構造があります。

しかし、この噴門部を通り胃液が逆流すると、胃液により食道が炎症を起こし、逆流性食道炎を発症します。

逆流性食道炎を引き起こす消化液

逆流性食道炎を起こす胃液は、塩酸・ペプシンによりタンパク質を溶かす消化液です。その胃液により食道(タンパク質)が溶かされ炎症を起こすと考えられます。

過敏性腸症候群・神経性胃腸炎は心身症

病160

器質的な異常が無いのに

神経性胃腸炎・過敏性腸症候群は、現代医学的には、器質的な異常が無いのに下痢や便秘を繰り返す疾患です。

辛い神経性胃腸炎・過敏性腸症候群

胃腸や膀胱、心臓は自律神経の影響を受けやすい臓器です。

胃腸は精神的なストレスで影響を受けやすく、そのためストレスで食欲不振となったり胃痛、胃もたれ、吐き気等様々な症状を呈します。

神経性胃腸炎・過敏性腸症候群は、精神的なものが、かなりの影響を与える疾患で精神神経症の一つです。ストレス社会である現代では増加傾向にあります。

十二指腸潰瘍・胃潰瘍、がん化も懸念

身体075

原因と症状

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、胃酸の過剰分泌などの攻撃因子による場合と、粘膜の防御因子の低下による潰瘍と、2つに大きく分けられます。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因は、急性胃炎の進展による激症タイプや、日頃の食事の不摂生や、過労、精神的緊張などが原因となることがあります。

漢方薬によるピロリ菌の除去

胃潰瘍の原因と言われるピロリ菌は、現在は抗生物質で除菌できます。しかし抗生物質の飲めない方は漢方薬でもピロリ菌を除菌できますので試してみると良いです。

膵炎と膵石

病129

急性と慢性

急性膵炎は、突然の激しい腹痛が上腹部のやや左側に生じる事が多いです。顔面蒼白、冷や汗、嘔吐などを伴うこともあります。

急性膵炎にて膵臓壊死を起こすと、非常に重篤な危険な状態になります。一刻を争う場合もあります。

見間違えやすい急性膵炎

また腸閉塞、胆石発作、虫垂炎、胃潰瘍等と判断が紛らわしい事があります。アルコールを飲んだ翌日等の腹痛は急性膵炎の可能性が高いです。アルコールだけでなく、辛い物(キムチや唐辛子、薄荷、メントール等)を空腹時に食べる時は、気をつけなければいけません。

また慢性膵炎では、殆ど症状はありません。しかし血液検査でアミラーゼが高値を示すので判断出来ます。

潰瘍性大腸炎と油脂物

漢方養生028

進行と症状

潰瘍性大腸炎は、慢性に経過し、再発し、粘液や血液の混じった下痢便が続きます。

潰瘍性大腸炎の進行

潰瘍性大腸炎は、直腸から始まり徐々に奥へ。下行結腸から更に横行結腸、上行結腸へと進んで行きます。

潰瘍性大腸炎の原因として、自分の免疫で自分の腸を攻撃する免疫説(自己免疫疾患)がありますが、ハッキリした原因は判っていません。

潰瘍性大腸炎と漢方治療

太陽堂漢薬局の食養生指導では、植物性・動物性に限らず油脂物を極力減らすと症状が治まる患者さんが多いです。

関連記事 – 太陽堂漢薬局が学会・研究会で発表した漢方論文

>> 潰瘍性大腸炎に対する漢方薬の効果 2006年11月 伝統漢方研究会第3回全国大会 (日本・横浜シンポジア)

>> 逆流性食道炎 2008年11月 伝統漢方研究会第5回全国大会 (日本・二日市温泉大丸別荘)

漢方相談のご案内