いぼ痔・痔瘻・脱肛

成った人しか解らない痔の辛さが有ります。

いぼ痔・痔瘻・脱肛でお悩みの方は、ぜひご相談下さい。

  • 排便のたびに、痛みが来る。
  • 下着が汚れる。
  • いつ起きるか分からない出血に怯えている。
  • お酒を飲んだ翌日が辛い、又は出血する。
  • 嫌なツライ、不愉快な毎日!

日本人の3人に1人は、この病があります。恥ずかしくないですよ。私も経験者です。太陽堂漢薬局の漢方薬で自分で治しました。手術をする前に漢方薬で治療を!

いぼ痔・痔瘻・脱肛は、太陽堂漢薬局で。

手術を考える前に!試してみる価値があります。痔から開放されたい!早く治して、スッキリした生活を、一緒に取り戻しましょう!

痔、痛い!、出血!、手術!。あなたはそれで本当にいいですか?お悩みの方は、ぜひご相談下さい。

「痔」は、「やまいだれ」に「寺」と書きます。「お寺に行くまで、死ぬまで、治らない病気」と言う意味でしょうか・・・?

いぼ痔は内臓下部の血滞が原因として有ります。軟膏や座薬などの表面的な治療では無理です。だから治らないのです。原因である内臓下部の血滞を漢方で取ります。だから治るのです。

いぼ痔(内痔核-外痔核)を治す

身体078

いぼ痔(内痔核・外痔核)を治しましょう。

いぼ痔(内痔核・外痔核)は、内臓下部の血滞・血栓性が原因として有ります。軟膏や座薬などの表面的な治療では無理です。だから治らないのです。原因である内臓下部の血滞を漢方で解決します。だから治るのです。

いぼ痔(内痔核・外痔核)が出来やすい人

女性は出産等で内臓下部にうっ血が生じやすいです。他に、お酒を飲む人は肝臓の門脈部の血流が低下し、本来は肝臓へ行くはずの血液が内臓下部に流れ、肛門部に血流が貯まりやすくなり、外痔核・内痔核(いぼ痔)の原因を作ります。

いぼ痔(内痔核-外痔核)を治す >

痔瘻(痔ろう)の原因と治療

身体079

原因

痔瘻(痔ろう)・肛門周囲膿瘍の原因は化膿であり、他の痔とは原因が異なります。

肛門腺が化膿し肛門周囲の皮膚に開口します。肛門部の化膿性疾患で、開口したものが痔ろう(痔瘻)です。

お尻を触ると冷たいです。お尻は血流が悪く、化膿も治り難く、抗生物質も効きにくいです。

西洋医学的には手術しか方法がありません。しかし漢方でお尻の血流を改善すると、化膿は収まります。

痔瘻(痔ろう)の原因と治療 >

脱肛の原因

健康048

内臓下垂による

脱肛は、一般的に肛門から何かが飛び出している状態があることです。痔核が長引いて繰り返し起こり、悪化したものと、内臓の下垂が原因の脱肛もあります。

脱肛の症状と原因

最初は排便時のみ脱出

脱肛は最初は排便時のみ脱出する程度のようですが、酷くなると、しゃがんだり、くしゃみをするだけで脱出するようになります。また、肛門の周りが痛み、脱出した脱肛を戻せない状態になることもあります。

脱肛の原因 >

関連記事 – 太陽堂漢薬局が学会・研究会で発表した漢方論文

>> 日本の伝統漢方古方派理論に基づく脱肛治療への考察 2003年8月 国際ウイグル医薬学術会議 (中国・新疆・ウルムチ)

>> なかなか良くならない肛門の痛み(いぼ痔) 2014年11月 伝統漢方研究会第10回全国大会 (日本・名古屋東急ホテル)

>> 痔(いぼ痔)の証 鑑別について 2005年11月 伝統漢方研究会第2回全国大会 (日本・福岡国際会議場)