アレルギー性鼻炎・花粉症

花粉症(アレルギー性鼻炎)は、アレルギー体質が原因です。

また蓄膿症(副鼻腔炎)は化膿性・炎症性体質が原因です。

体質改善をしなければ根治はできません。花粉症(アレルギー性鼻炎)・蓄膿症(副鼻腔炎)の症状と漢方治療をご紹介します。

花粉症とアレルギー性鼻炎

病137

原因と症状

近年増加している花粉を抗原とするアレルギー性鼻炎が花粉症です。

アレルギー性鼻炎の抗原は、花粉の他には動物の毛、ハウスダスト、カビ、ダニ等。食事では肉、卵、牛乳、魚介類等、様々です。

誘引としては、気温変化、湿度変化、光、疲労等、多くのものが考えられます。

花粉症・アレルギー性鼻炎は、鼻粘膜の毛細血管が透過性を高め、浸潤します。それにより鼻水が流れ、鼻閉、クシャミを頻発します。

花粉症・アレルギー性鼻炎原因が、アレルギー体質のため気管支喘息を併発している場合もあります。そのため根本治療には漢方薬による体質改善が必要となります。

蓄膿症と副鼻腔炎

医療131

症状と原因

鼻の鼻腔の周囲には骨の中に空洞(副鼻腔)があります。蓄膿症・副鼻腔炎とは、その副鼻腔に膿が溜まった状態です。

前頭部の前頭洞や頬部の上顎洞の副鼻腔に多発しやすい病気です。

風邪や花粉症・アレルギー性鼻炎が原因により起きる場合が多いです。急性から慢性へ移行し、黄色の鼻汁、鼻つまり、頭痛等を併発します。

また蓄膿症・副鼻腔炎は、化膿性・炎症性体質が原因です。化膿性・炎症性体質を漢方薬で体質改善しないと根本治療はできません。

漢方相談のご案内