「太陽堂漢薬局」の記事一覧

医療気功「糸練功-5つの技術」を知る

糸練功と東洋医学 太陽堂漢薬局では患者さんの病態をより正確に把握する為、漢方の四診である問診・望診・聞診の他に、医療気功である糸練功(経絡の気の流れを観る)を駆使し、患者さんの漢方薬の証(現在の体質と病態)を把握・判断し […]

4種の診察方法について

漢方の診断には、四診。望診(ボウシン)、聞診(ブンシン)、問診(モンシン)、切診(セッシン)の4つの診察方があります。更に日本では古方派の素晴らしい腹診があります。 太陽堂漢薬局では、医療気功「糸練功」は切診の変わりに使 […]

原料生薬の6通りの下ごしらえ

薬草である漢方薬は、食材と同じです。産地や質で味も香りも色も異なります。当たり前のことですが効果も異なります。 伝統医学では、原料である生薬の見立てから始めます。 原料生薬は、目で色(五色)を、鼻で香り(五気)を、舌で味 […]

食養生-大事な2点

医食同源 「医食同源」は、「医は三分」・「食は七分」です。医は漢方治療であり、食は食養生を中心とした「養生法」です。 東洋医学の古典「黄帝内経素問 四気調神大論第二」には、季節に合わせての生活養生方の基本が記載されていま […]

体質は、みんな一緒でしょうか?

体質とは 「男性と女性でも異なります」。一般に、女性は血虚と古血体質の両極端になりやすいです。 「身長・体重が異なります」。痩せていても筋肉質の人やガッチリ型の人は実証となりやすく、筋肉の弱い・柔らかい人は虚証となりやす […]

漢方の醍醐味・肺癌患者さん

*写真は、大理の古い町並み。風習なども日本人に非常に近い人々が多い、思い出深い町です。この大理で失われた生薬「白蜜(岩蜂蜜)」を発見した時の喜びは大きかったです。 お2人の肺がん患者さん 不思議なことがありました。ほぼ同 […]

漢方の醍醐味,東洋医学との出会い

*写真は、薬研。中医学院に展示してあった中国の古い薬研(生薬の切断に使用します)。太陽堂漢薬局には江戸時代の日本の薬研が展示してあります。 日本の伝統漢方”古方”との出会い 私は23歳までは普通の薬剤師として仕事をしてい […]

薬局の設備ご紹介

漢方相談室 薬局の相談コーナー 漢方相談室は、患者さんのプライバシーが守れるよう独立しています。 また周囲は、陰陽の気の調和を図っており、落ち着いて相談出来るよう配慮してあります。第一相談室と第二相談室があります。 相談 […]