「三叉神経痛」の記事一覧

病院の治療では痛みが強い時は抗癲癇薬を

三叉神経痛

突然右頬が痛くなり病院で突発性と診断された。病院の治療では痛みが強い時は抗癲癇薬を、それでも治らない時は外科的な手術が必要と言われ途方に暮れていた所、カイロプラクティックの先生から漢方薬を勧められて当薬局に相談に来られた。漢方薬服用開始から1週間後、痛みが痒みに変化した。その後、漢方薬を欠かさずきちんと続けられ、痛みが出る事もなく4ヶ月が過ぎた。

3週間経って何ともなくなってきました

三叉神経痛

【女性53歳No.7150】1週間経った時に痛みが痒みになって、2週間経った時に更に良くなって、3週間経って何ともなくなってきました。今は痛みがウソのようにまったく無いです。【太陽堂漢薬局から患者さんへ】飛躍的に改善されています。今はまだ改善途中の段階です。疲れたりお身体が冷えると違和感を感じるかもしれませんが、酷くならずに治まると思います。ご安心下さいね。

以前のような苦しみは今はありません

三叉神経痛

【女性57歳No.5461】三叉神経痛-漢方薬を飲み始めてから痛みが取れてきました。今まで顏のピリピリした痛みはリウマチと思っていたのですが、先月ここへきて三叉神経痛と言われ、漢方薬頂いて飲むようになってから随分痛みが楽になりました。あと、手先の冷えはまだ冷たいです。指先が冷たいです。

三叉神経痛とは

三叉神経痛

三叉神経痛のお悩みを改善する福岡市博多の太陽堂漢薬局。福岡県・大分県・山口県・佐賀県から多数の相談。最も痛みが激しい病気の一つ。顔面には頭蓋骨からの出口の穴があります。この3つの枝の障害です。眼の上のやや外側です。左右両方にあります。ツボで言えば眼の疲れに使用する「絲竹空」辺りになります。上顎部分で鼻の横側付近です。左右両方にあります。3枝の中で最も発症頻度が高いです。

ページの先頭へ