「パーキンソン病,漢方薬」の記事一覧

少しですが改善しています

パーキンソン病,漢方薬
風景80

【男性60歳No.7345】パーキンソン病-少しですが改善しています-足腰の転びそうになる症状は、ほんの少しですが改善しているようで、電車のホームが怖くない時があります。ただ、心臓がバクバクして締め付けられ、胸がドキドキして酸素が足りない状態になります。病院では、心電図異常なしで心臓に水も溜まっていませんでした。

パーキンソン病-動悸と本態性振戦-2007年11月

パーキンソン病,漢方薬
健康120

パーキンソン病-動悸と手の振るえ(両手、特に左手)があり、緊張しやすいという事で初来局。症状を伺うと、不安や緊張を感じると振るえや動悸が強く出やすいという事でした。お仕事上、生活リズムが不規則になる事もあり、なかなか疲れが取れないという事でした。また病院から処方されている抗癲癇薬を服用中です。

パーキンソン病 漢方 – パーキンソン病なら

パーキンソン病,漢方薬
医療322

パーキンソン病と本態性振戦の漢方薬治療を、福岡県福岡市博多の漢方専門薬局の薬剤師がお届けします。パーキンソン病や本態性振戦は、ご自分の意思では抑えられない振るえがきます。進行すると、箸を持つことも困難になり、仕事や日常生活、歩行に影響が出てきます。中脳黒質のニューロンが脱落し黒質線条体の働きが低下した病態です。これは老化により生じるため、誰でも120歳になると理論的には同病になります。

ページの先頭へ