「膠原病」の記事一覧

膠原病-痛みが以前よりも少なくなった

膠原病

【女性16歳No.2706】膠原病-朝起きて直ぐが一番辛かったが、痛みが以前よりも少なくなったと思います。便がやわらかくなり、毎日排便するようになりました。【太陽堂漢薬局から患者さんへ】起床時の痛みが以前よりも和らいできているご様子で良かったですね。漢方治療は漢方薬とご養生を毎日続ける事で体質改善が進んで行きます。

膠原病-身体の痛みは前より調子が良いです

膠原病

【女性41歳No.1526】膠原病-身体の痛みは前より調子が良いです。ただ、寒くなってきたので時々背中や肩の痛みは出ます。でも、前に比べると調子が良いです。【太陽堂漢薬局から患者さんへ】合数は上がっていますが、まだ低い所にありますので、寒くなりますと痛みの症状が出たり、痛みが良くなったり悪くなったりしますが、徐々に良くなると思いますよ。

関節のこわばりと膠原病の関係

膠原病

関節のこわばりは色々な原因が考えられます。その原因の1つである膠原病の関節リウマチは①関節の圧痛②運動痛③関節の腫れ④身体の両側の同じ関節が同時に犯される。この4つのうち2つの症状があれば、一応関節リウマチを疑うとされています。リウマチ性疾患は関節がこわばって「手を握ったり開いたりしにくい」「体を動かしにくい」などの症状が起床後、数分~1時間程度続き、暫くすると治まります。

多発性筋炎の女性の相談を受けた

膠原病

多発性筋炎の女性の相談を受けた。女性は15年ほど前より悩み、現在病院でプレドニゾロンの内服を受けている。体重40Kgで痩せ形、眼瞼結膜は白く、口乾が有り、舌診は裂門があり脾虚を呈している。不眠症も訴え安定剤を服用しているとの事。漢方治療から4ヵ月後、筋炎の症状はやや落ち着きだしている。股関節の痛みも安定してきている。

ページの先頭へ