漢方の福岡太陽堂漢薬局

お電話でのご予約:092-263-3590

9時~18時 日・月・祝日定休

メールでのお問合せ

処方

blank

甘草麻黄湯・甘麦大棗湯・帰耆建中湯・帰脾湯・芎帰膠艾湯

適応疾患。気管支喘息の発作。使用目標。呼吸困難をきたす方、自然に汗が出る方、発汗しない方、浮腫のある方に用います。漢方の証・方意。病位・虚実;心、肺。甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)-金匱要略-漢方薬をご紹介。適応疾患。ヒステリー、舞踊病、統合失調症・精神分裂症、神経症、小児夜啼症、不眠症、癲癇、胃痙攣、子宮痙攣。
blank

秦艽・蜀漆・石膏・川芎・穿山甲

リンドウ科の多年草、秦艽(オオバリンドウ)をはじめ、チベット、雲南、四川などに分布するソケイジンギョウ、チベットリンドウなどの植物の根を用います。いずれもリンドウと同じゲンチアナ属の植物です。リウマチなどの関節痛や筋肉痛、痺れ感などに用います。
blank

縮砂・朱砂・乾生姜・小麦・升麻

別名砂仁とも言います。果皮を除いた種子塊で、大型で堅く充実した仁が豊満で香味の強いものを良品とします。弱った臓器に力をつけて活性化させます。気をめぐらし胃腸系を調えます。胃腸の活動を促進し、腹部膨満感・飮食停滞を解消し、消化不良による下痢を治します。
blank

柴胡・細辛・細茶・山査子

香附子には、シペレン、シペロールなどの精油(約1%含有)が入っているので、香ばしい匂いがするので香附子と言われています。精油が有効成分で、その香りが気の薬と言われています。気とは気分のうっとおしい状態や、のぼせ上がっている状態で、香附子は各所の臓器が働きすぎたり、鈍ったりしている機能亢進、衰退を調える働きがあります。
blank

香附子・牛膝・呉茱萸・牛蒡(牛蒡子)・黒胡麻・五味子

牛膝はイノコヅチの根を乾燥したもので、イノコヅチの茎は牛の膝に似た節があるので牛膝の名を得ました。イノコヅチは方々の山野に自生していますが、節が大きく茎が紫色で根が太くて長く、柔軟性があり、潤いのあるものほど効力があり、節が細く茎が青色で根の短いものは、なるべく避けたほうが良いとされています。
blank

乾姜人参半夏丸・甘草乾姜湯・甘草瀉心湯・甘草湯・甘草附子湯

適応疾患 妊娠悪阻(つわり)、胃カタル、神経症、夢遊病、不眠症 使用目標。消化機能が衰えてみぞおちが硬く、吐き気、嘔吐がとまらない方に対して用います。漢方の証・方意。病位・虚実;太陰病から少陰病、虚証。十二臓腑配当;脾・腎。方意;脾胃の水毒の動揺による激しい悪心・嘔吐・吃逆。脾胃の水毒・脾胃の虚証としての食欲不振。
blank

紅花・降香・厚朴・粳米・牛黄

紅花はベニバナとも言います。その昔、頬紅として使用されていました。ベニバナの種子から取れる油は、サフラワー油と呼ばれ塗料、石鹸を始め、サラダ油やマーガリンの原料として用いられています。抽出液には、血小板凝集抑制、血管拡張、マクロファージ活性化、動脈血流量増加の薬理作用があります。