「不育症」の記事一覧

不育症について

妊娠継続できない・・・ 妊娠はするけど・・・。 おなかの赤ちゃんが育たずに死産や早産、流産を繰り返し、結果的に妊娠を継続できない状態です。 一般的に流産・死産の経験が連続2回あるなら、不育症と考えられます。現在は、女性の […]

流産を乗り越え陽性反応

【女性No.1495】本日、婦人科での体外受精と当薬局での漢方薬治療の併用で、陽性反応確認の報告がありました。【太陽堂漢薬局から患者さんへ】お電話でもお話しましたように、血熱血虚改善の煎じ薬と粉薬は、しばらくお続けになられたほうが宜しいかと思います。煎じ薬は1日3回。経過を見ながらという事で7日分お送りしますね。

初期流産をした後ですので嬉しい

【女性No.1208】こんにちは。漢方薬いつも有難うございます。病院に行って、2ミリですが赤ちゃんの姿が見えました。今の所、問題はないとの事。去年の8月に初期流産をした後の妊娠ですので嬉しいです。心配なのは、毎日少量の出血がある事と、筋腫が3、4個ある事です。今飲んでいるお薬と今後のお薬について教えて下さい。宜しくお願いします。

2度の繋留流産を乗り越え妊娠しました

漢方の症例報告-不育症-【36歳(妊娠時) No.3161】検査で数値が高く妊娠しません。2年前に2度続けて繋留流産した後、妊娠しない。不育症検査で、ループスアンチコアグラントの値が少し高く出て、妊娠したらバファリンを処方すると言われた。高温期への移行が2日ぐらいかかる。生理周期で月経はもともと4日間で終わっていたのが、ここ一年ほど月経血が少なくなり、ほぼ2日で終わる。また、だらだらと茶色の血も出るようになりました。

不育症に対する当帰散-柴苓湯の働き_論文発表

不妊症(Female infertility)や不育症で悩んでいるご夫婦は非常に多く切実である。不妊症に対する東洋医学の治療法、治療薬は非常に多く、また有効性も高い。また西洋医学的薬理解析も行われている。例えば、高プロラクチン血症(Hyperprolactinemia)に対する芍薬甘草湯。